一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

老化で増える糖尿病 長寿遺伝子の炎症反応を解明

キーワード:

 2型糖尿病や認知症など、老化にともない増える病気に共通した仕組みのあることを東京医科歯科大学の研究チームが世界ではじめて明らかにした。この仕組みを解明すれば、老化する速度を遅くすることや、老化に伴う病気を治療することが可能になるという。
2型糖尿病に認知症などに共通した発症メカニズムを解明
 加齢に伴い増える「2型糖尿病」や「認知症」、「筋肉量の減少」(サルコペニア)などの病気に、慢性炎症が老化の過程に関わっていると考えられている。しかし、慢性炎症が変化を起こす詳細な仕組みなどは詳しく分かっていない。

 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の下門顕太郎教授と同大学院寄付講座(基礎動脈硬化学)の篠崎昇平准教授の研究グループは、炎症によって生成される一酸化窒素がタンパク質を構成するアミノ酸(システイン)に結合する「S-ニトロソ化」に着目。

 慢性炎症と老化に伴う病気を結ぶメカニズムを明らかにするために、長寿遺伝子として知られるサーチュイン遺伝子の一種である「SIRT1」のS-ニトロソ化に伴う病気との関係について解析した。

 研究チームは、全身性炎症反応などのあるモデル動物と培養細胞を使い、炎症時におけるSIRT1のS―ニトロソ化と炎症、細胞死の関連を調べた。

 その結果、急性炎症や慢性炎症によってSIRT1の働きが弱くなり、炎症や細胞死が起こりやすくなることが判明。炎症で増加したSIRT1のS-ニトロソ化を薬剤や遺伝子操作で減らすと、SIRT1の働きが戻り、炎症反応が部分的に抑えられることを明らかにした。

 研究グループは、「SIRT1の働きを失わせる仕組みを抑えることが、老化する速度を遅くしたり、老化に伴う病気を治療するためには重要となる」と指摘。

 食事で摂取するエネルギー量を減らすカロリー制限を行ったり、赤ワインやブドウなどに含まれるポリフェノールであるレスベラトロールを摂取すると、SIRT1の量は増え老化を遅らせることができる。

 しかし、SIRT1がS-ニトロソ化によって不活化されている場合には、SIRT1の量を増やす方法では効果を得られない。研究チームは「SIRT1のS-ニトロソ化を特異的に阻害する薬剤や方法を開発すれば、老化に伴う病気の新規治療薬・治療方法となる可能性がある」と述べている。

 研究成果は国際科学誌「Science Signaling」のオンライン版に発表された。

東京医科歯科大学大学

(Terahata)

関連トピック

全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート