一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

アルツハイマー病を発症前に血液検査で判定 国立長寿医療研究センター

キーワード: ストレス関連疾患/適応障害

 アルツハイマー病の症状が出る前に、少量の血液を検査し前兆を捉える方法を開発したと、国立長寿医療研究センターと島津製作所の研究チームが発表した。早期診断や治療薬の開発に役立てたいとしている。

 アルツハイマー病は発症前から脳内に「アミロイドベータ」というタンパク質が異常に蓄積していくことが分かっている。

 アミロイドベータは、認知障害などの症状が出る15〜20年前から脳内で蓄積がはじまるとされる。早期発見と予防法の確立が課題となっている。

 研究チームは、65〜85歳の男女62人の脳の状態を「陽電子放射断層撮影装置」(PET)で観察し、アミロイドベータの蓄積状況を確認した。

 さらに、島津製作所が開発した質量分析装置を使い、従来は検出できなかったアミロイドベータに関連する微量のタンパク質を高感度で検出するのに成功した。

 このタンパク質と、別のアミロイドベータ関連タンパク質との比率から、アミロイドベータが蓄積しているかどうかを高精度で判定することができたという。

 アミロイドベータは、「脳脊髄液検査」やPETを用いた検査で検出できるが、侵襲性が高く患者に負担がかかったり、大型の設備が必要で費用も高額なるなど課題が多い。

 研究チームは「約0.5mLの血液を採取すれば、アミロイドの蓄積を9割以上の精度で判定できるようになる。費用や安全性、正確性でこれまでの技術を大幅に超えるものができた。発症の予防や治療薬の開発に役立てたい」と述べている。

 研究成果は日本学士院発行の英文学術誌「Proceedings of Japan Academy, Series B」のオンライン版に発表された。

国立長寿医療研究センター

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2019年07月11日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査
2019年07月10日
メンタルヘルスケアが糖尿病患者の寿命を延ばす 血糖コントロールも改善
2019年06月06日
【健やか21】「自殺予防」リーフレットを公開しました
2019年05月22日
糖尿病とともに生きることに10人に7人が疲れている 糖尿病のメンタル支援が必要
2019年03月27日
うつ病の発症原因は「仕事の不満足」 回復では「職場ストレス」が重要 職場でのヘルスマネジメント戦略
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート