一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

寝る前に電子書籍を読むと睡眠の質が低下 ブルーライトが原因

キーワード: 高血圧 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接)

 就寝時にスマートフォンやタブレット端末の画面のブルーライトを長時間見ていると、睡眠の質が低下するおそれがあることが、米ハーバード大学医学大学院の研究で明らかになった。
ブルーライトが睡眠の質を低下 がんや糖尿病の原因になることも
 電子書籍が普及し読書の形態が変化している一方で、夜に眠る前に読書をする習慣のある人は多い。「しかし、電子書籍を利用するときには注意が必要です」と専門家は呼びかけている。

 米ハーバード大学医学大学院の研究によると、あまりまぶしいと感じない電子書籍の光でも、体内時計を狂わせる作用があるという。

 研究チームは、12人の被験者を対象に、就寝時に紙の本を読んだ場合と、電子書籍を読んだ場合の眠りを比較した。被験者に実験室に泊まってもらい、5日間は寝る前に4時間、紙の本で読書をしてもらい、5日間は同様にタブレット端末の電子書籍で読書をしてもらった。

 その結果、電子書籍を読んだ場合は血中のメラトニンが減少しており、眠りが浅くレム睡眠の時間が短いことが判明した。睡眠時間が同じであっても、寝覚めが悪く疲労感が残るケースも多かった。

 スマートフォンやタブレット端末のLEDバックライトから発せられるのは、「ブルーライト」と呼ばれる高エネルギー可視光線(HEV)だ。ブルーライトを浴び過ぎると、良質な睡眠をもたらすメラトニンが十分に分泌されなかったり、視交叉上核に働きかけ「体内時計」を狂わせてしまう危険性がある。

 体内時計がうまく作用しなくなると、自律神経や副交感神経、ホルモンのリズムが乱れてしまい、睡眠障害が起こる。自律神経やホルモンは、血圧や血糖値、心臓の拍動などを調整しており、それらのバランスが崩れると高血圧や心臓病、がん、2型糖尿病などを発症しやすくなる。

 「就寝時にスマートフォンなどの画面のブルーライトを長時間見ていると、メラトニンの分泌が低下し、睡眠の質が低下することが分かりました。その影響は8時間後の起床時にも続きました」と、ハーバード大学ブリガム アンド ウィメンズ病院のアンネマリー チャン氏は説明する。

 米国睡眠財団が2014年に行った調査によると、成人の89%と子供の75%は寝室に電子機器を1台以上持ち込んでおり、その半数はスマートフォンやタブレット端末だという。

 「スマートフォンなどを就寝前に使うことが多いという人は注意が必要です。そうした電子機器はジャンクフードにたとえられます。つまり、たまに利用するのは良いのですが、毎日となると悪影響が出てくるおそれがあるということです」と、チャン氏は注意を促している。

E-Readers Foil Good Night's Sleep(ハーバード大学医学大学院 2015年1月5日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月15日
糖尿病腎症を予防 自覚症状のない糖尿病 重症化を防ぐ取組みを紹介 厚労省が報告書
2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月09日
β細胞を増殖させる治療薬を開発 糖尿病の新たな治療法に期待
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも

疾患 ▶ 高血圧

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月12日
糖尿病の食事改善をアプリで支援 金沢大学などが新たな保健指導サービス
2018年11月27日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月27日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月10日
糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月30日
糖尿病やメタボの原因糖質が判明 ジュースやお菓子が勧められない理由

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典