一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

痛風の発症に関わる遺伝子を発見 痛風の遺伝的リスクを判定

キーワード: 二少(少食・少酒) 高尿酸血症/痛風 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 痛風の発症に関わる5つの遺伝子を日本の研究グループが発見した。ヒトゲノム全体にわたって遺伝子の個人差を調べる大規模なゲノムワイド関連解析(GWAS)で突き止めた。5つの遺伝子のうち3つは新しく見つかった痛風関連遺伝子で、一部は痛風の病型と関連していることが分かった。痛風のオーダーメイド医療の実現につながる成果としている。
痛風の遺伝的リスクを判定
 痛風は、高尿酸血症(血液中の尿酸値が7mg/dLより高い状態)が持続することで発症する。痛風は、「風が吹いても痛い」と言われるほどの激しい関節炎発作を引き起こす一方で、高血圧症や腎疾患、心疾患、脳血管障害などのリスクにもなることが明らかになっている。

 「高尿酸血症(痛風予備群)」の数は約500万と推定されている。食生活の欧米化や肥満などの環境要因が痛風の発症を増やしているが、生活スタイルが同じようであっても、痛風を発症する人としない人に分かれることから、遺伝的要因が関与していると考えられてきた。

 研究は、日本国内16ヵ所の研究施設に所属する40人の研究者によって、多施設共同研究として行われた。研究グループは、大阪、京都、東京の3ヵ所の医療機関を受診した痛風の男性患者945人と対照者1,213人で、約70万ヵ所の一塩基多型(SNP)を比較した。

 一塩基多型は、DNAの塩基配列が1つだけ置き換わったもので、病気のなりやすさに関係している。痛風の発症と関連する候補となった一塩基多型について、別の集団(痛風患者1,048人と対照者1334人)で再現性を追加検証した。

 その結果、ABCG2、SLC2A9、MYL2とCUX2の間、GCKR、CNIH-2の計5ヵ所の遺伝子領域で強い関連がみられた。このうち、 MYL2-CUX2、GCKR、CNIH-2の3カ所ははじめて痛風に強く関連する遺伝子と分かった。

 今回の研究は、アンケートなどによる自己申告の症例は対象とせず、医師が確実に診断した痛風症例のみを対象とした世界ではじめてのゲノムワイド関連解析。このため、痛風の病型ごとの詳細な解析が可能になり、病型ごとにどの遺伝子が特に関連しているかについても明らかになった。

 研究チームは、ABCG2は腎負荷型の痛風、SLC2A9は腎排泄低下型の痛風とそれぞれ関連性が高いことを発見。痛風は病型で薬が異なるため、遺伝子診断が薬を選択する際の指針になる可能性がある。

 「近年増えつつある痛風患者の遺伝的リスクを判定するためにどの遺伝子が重要であるのかを発見した。痛風を発症するリスクの高い人を早期に見つけ出し、さらにどの病型になりやすいかを予測できれば、個人差に応じた治療薬を選び適切な治療を実施できるようになる。痛風に対する新たな視点からの予防法や治療薬の選択に有用で、医療費の削減にもつながる」と、研究者は指摘している。

 研究は、防衛医科大学校の松尾洋孝講師、中山昌喜医官、崎山真幸医官、久留米大学の山本健教授、国立遺伝学研究所の中岡博史特任研究員らの研究チームによるもの。英医学誌「Annals of the Rheumatic Diseases」オンライン版に発表された。

防衛医科大学校 分子生体制御学講座

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月06日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

疾患 ▶ 高尿酸血症/痛風

2020年11月09日
【新型コロナ】なぜ肥満と高齢の人は重症化しやすい? いま求められている対策は何か?
2020年09月29日
新型コロナウイルス感染症対策としてのステイホームやリモートワークが高尿酸血症や痛風の有病率および受診率に及ぼす影響 ―医師338名への緊急アンケートから見えてきた現状―
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
2019年12月12日
【セミナーレポート】疾病リスクマーカーとして注目すべき尿酸値に関する新知見
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート