一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

軽めのジョギングが長寿に最適 1日10分のジョギングでも効果

キーワード: 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接)

 ジョギングを続けることは健康増進に役立つが、激しいジョギングを毎日行わなければならないわけではなく、短い時間であっても効果を期待できるという研究が発表された。
ゆっくりとしたペースのジョギングを続けると死亡率が低下
 デンマークのコペンハーゲンで実施された大規模調査「コペンハーゲン心臓研究」には、ジョギングを習慣として行っている人1,098人と、ジョギングをせず座ったまま過ごす時間が長い人3,950人が参加した。調査は12年間にわたって追跡して行われた。

 その結果、ジョギングに取り組んでいる人は、血圧値が低くコントロールされており、体格指数(BMI)も低く、喫煙習慣がなく、糖尿病の有病率も低い傾向が示された。

 死亡率がもっとも低下していたのは、少し遅い速度から中等度の速度でジョギングをしていた人たちだった。ジョギングをしない人たちに比べ、死亡率は70%も減少していた。一方で、速いスピードでのジョギングをした人では、死亡リスクの低下がみられなかった。

 ジョギングを行う最適な頻度は週に2〜3回程度で、ゆっくりとした適度なペースで走ると、心筋梗塞などによる死亡率が著しく低下するという。

 「ゆっくりしたペースのジョギングは"活発な運動"に相当し、激しいジョギングは"非常に活発な運動"に相当します。運動強度を高めれば健康的になれるというわけではなく、激しいジョギングはむしろ死亡率の上昇につながります」と、コペンハーゲンのフレデリクスベア病院のピーター シュノハー氏は言う。

 ジョギングの強さと死亡率の間にはU字型の関連性がみられ、今回の研究では、ジョギングを週に数回、適度なペースで行うと死亡率がもっとも低下することが示された。

 「体への負荷の大きい過剰な運動を長期間行うと、心血管性の疾患を招くリスクとなり、むしろ害になる可能性があります」と、シュノハー氏は指摘している。

1日10分間のジョギングが寿命を3年延ばす
 たった10分間の短時間のジョギングであっても、毎日続ければ確実に健康増進の効果を得られることが、米国のルイジアナ州立大学やアイオワ州立大学らの研究で明らかになった。

 研究チームは、18〜100歳の男女5万5137人のデータを解析し、ジョギングの習慣と死亡リスクの関連を調査した。調査は15年にわたり追跡して行われた。

 参加者の24%がジョギングをする習慣をもっていた。そうした人たちは、ジョギングをしない人たちに比べ、全死因で30%、心臓病で45%の死亡リスクが低下し、寿命が3年延びることが確認された。

 肥満や喫煙といった要素についても調整を行い調べたところ、肥満者や喫煙者であっても、走る人の方が走らない人よりも死亡リスクは低下することが分かった。

 さらに重要なのは、時速10km以下のそれほど速くないペースのジョギングを、1日10分こなすだけでも、心臓病のリスクの低減につながるという点だ。

 週に60分のジョギングを毎日続けていた人では、全死因で38%、心臓病で58%の死亡リスクが低下していた。

 「週に1〜2回、合計して10kmの距離をゆっくり走るだけでも、心臓病などによる死亡リスクを下げることができます。これくらいの運動量であれば、誰でもすぐに始められるでしょう」と、ルイジアナ州立大学のティモシー チャーチ氏は言う。

 「これまで走る習慣がなかった人、あるいは健康に問題を抱えている人は、ジョギングのプログラムを始める前に医師に相談しチェックを受けるべきです」と付け加えている。

Light Jogging May Be Most Optimal for Longevity(米国心臓病学会 2015年2月2日)
Iowa State professor finds leisure running reduces mortality risk(アイオワ州立大学 2014年7月28日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月05日
糖尿病の最新全国ランキング ベストは神奈川県 ワーストは青森県

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月05日
糖尿病の最新全国ランキング ベストは神奈川県 ワーストは青森県
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート