一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

週に3〜5日の「休肝日」でアルコール性肝臓病を予防

キーワード: 二少(少食・少酒) 脂肪肝/NAFLD/NASH アルコール性肝炎 飲酒

 保健指導などで「お酒を飲む習慣のある人は、週に2日以上は肝臓を休める、いわゆる"休肝日"を設けた方が良い」と言われることが多い。アルコール性肝臓病を予防するために休肝日が効果的であることが、5万人以上を対象とした調査で明らかになった。
週に3〜5日の「休肝日」を設けるのが効果的
 アルコールを飲み過ぎると、まず「脂肪肝」という状態になる。この段階では自覚症状は乏しく、エコー検査で発見されることが多い。飲酒が原因の場合は断酒や節酒で脂肪肝を改善できる。つまりこの段階で気をつければ、もとの健康な肝臓に戻れる。

 しかし、脂肪肝を放置したまま、アルコールを飲み続けると、「アルコール性肝炎」という重症状態になり、やがて「肝硬変」に至る。これらは治療が困難で、ひどい場合は死亡することもある深刻な病気だ。

 デンマークのコペンハーゲン大学病院などが行った、5万人以上の中高年を対象に行った調査で、アルコール性肝臓病を予防するために、週に3〜5日の「休肝日」を設けるのが効果的だと判明した。この研究は欧州肝臓学会が発行する「ジャーナル オブ ヘパトロジー」に発表された。

お酒の飲み方がアルコール性肝臓病に影響
 「休肝日を設けた方が良い」と言われるのは理由があるからだ。アルコール10gに相当する量(ビールなら500mL、日本酒なら1合)を肝臓で分解するのに、個人差はあるが平均5時間前後かかる。

 睡眠中は肝臓がアルコールを代謝するの機能が落ちているので、飲んだ後にすぐ眠るとさらに時間を要する。お酒を飲んだ後、就寝している間も肝臓は働き続けている。肝臓を毎日連続して酷使すると障害が出やすくなる。

 欧州では毎年およそ17万人がアルコール性肝硬変で死亡している。原因はもちろんアルコールだが、これまではアルコールの摂取量が問題とされてきた。しかし、今回の調査では、アルコールの飲み方も大きく影響することが明らかになった。

 研究チームは、デンマークで1993〜2011年に実施された「がん・食事・健康研究」に参加した50〜64歳の男女5万5,917人のデータを解析した。その結果、アルコールをほとんど毎日飲む人では、週に2〜4回飲む人に比べ、アルコール性肝臓病の発症率が3.7倍に上昇することが明らかになった。

 また、50歳代にアルコールを飲み過ぎた人のアルコール性肝臓病のリスクは7.5倍に上昇したが、20歳代に飲み過ぎてその後は節酒した人では1.7倍に抑えられていた。

症状がなくても検査を定期的に受けた方が良い
 肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれ、異常が起きていても自覚症状があらわれにくい。お酒を飲む人は、症状がなくても検査を定期的に受けた方が良い。

 肝臓病を早期発見するために血液検査が行われる。検査項目としては「AST」(GOT)、「ALT」(GPT)、「γ-GTP」がある。それぞれ肝細胞に障害が発生すると血液中に漏れ出す酵素だ。これらの検査値が高い場合は、アルコールの飲み過ぎが原因で肝臓に異常が起きている可能性が高い。

 アルコール性肝臓病は、男性に比べ女性では少ないと思われがちだが、女性は少ない飲酒量で肝障害が起こりやすい。コペンハーゲン大学病院の調査でも、飲酒量が多い女性では、やはり肝臓病の発症率が高い傾向にあることが確かめられた。

 「アルコール依存のある人では、一時的にはお酒をやめたり控えたりすることができるが、時間が経つともとの飲酒量に戻る例が多い。特に50歳を過ぎて飲酒量が増えしまい、禁酒や節酒の必要があるのに実行が難しいという人は専門家に相談した方が良い」と、研究者は注意を呼びかけている。

Daily drinking increases risk of alcoholic cirrhosis(コペンハーゲン大学病院 2015年1月26日)
Alcohol drinking pattern and risk of alcoholic liver cirrhosis: A prospective cohort study(Journal of Hepatology 2015年5月)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

疾患 ▶ アルコール性肝炎

2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年07月28日
お酒とタバコは「食道がん」リスクを高め合う 両方あるとリスクは17倍に上昇 片方を止めただけでも予防効果が
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会

生活習慣 ▶ 飲酒

2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年11月26日
「メタボ健診・特定保健指導」の課題が明らかに "制度の見直しが必要"と提言 7.5万人のデータを検証
2020年11月26日
アルコールが乳がんリスクを1.5倍に上昇 女性ホルモンや発がん物質が影響? 日本人女性3万人を調査

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年08月28日
日本人は肥満ではなくても脂肪肝になりやすい サルコペニア予備群の段階で対策を
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート