一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「スマホで大音量」が聴覚障害の原因に 11億人の若者が高リスク

キーワード: 二少(少食・少酒)

 世界保健機関(WHO)の調査によると、世界の11億人の若者が音楽を大音量で長時間聞く習慣をもっており、聴覚障害になるおそれがあるという。WHOは、スマートフォンやオーディオ機器で音楽などを大音量で聞くときには、耳を守るため「1日1時間以内」に控えるべきとする指針を発表した。
若者の半数が高音量にさらされている 聴覚障害の原因に
 世界保健機関(WHO)が中〜高所得国を対象に行った調査で、12〜35歳の若者のほぼ50%が、メディアプレーヤーのヘッドホン再生により危険なレベルの音量にさらされており、40%がクラブやディスコなどのエンターテインメント施設で大音量にさらされていることが判明した。

 聴力に障害が及ぶ危険なレベルの音量は85dBから100dBで、これは自動車や地下鉄の出す騒音に相当する。こうした騒音に1日に8時間以上さらされ続けると、聴覚に異常があらわれるおそれがあるという。

 ヘッドホンで音楽を聴く場合、一般に音量は75〜105dB程度だが、中には136dBの大音量で聞く若者もいる。75dBまでであれば聴覚障害が起こる危険性はないが、100dB以上になると聴覚障害のリスクは上昇していく。

 WHOは、音楽などを大音量で長時間聴く習慣のため聴覚障害になる危険性の高い若者は世界で約11億人に上ると指摘。

 「聴力をいったん失うと回復しないことを肝に銘じる必要がある。簡単な対策を施すことで聴覚障害のリスクは減らせる。音楽を楽しみながら聴き続けられる音量を知っておくべきだ」と警告している。

安全に聞き続けられる音の強度は決まっている
 安全に聞き続けられる音の強度は、振動数や音量、音にさらされる時間や頻度により異なる。大音量にさらされ聴力低下や耳鳴りを引き起こしても、多くは一時的なものにとどまるが、それが長時間・長期間に及ぶと内耳の感覚細胞が損傷を受けるおそれがある。そのうち半数は不可逆的な聴力障害である可能性があるという。

 WHOは、職場で受ける騒音の許容上限を85dB、1日8時間までに抑えるよう勧告している。職場や施設などでの騒音の許容基準を次のように示している。

場所や環境によって変わる騒音レベルと許容基準(1日当たり)

オーディオ(ヘッドホン)75〜105dB制限無~4分
スポーツ・競技場80〜115dB25時間〜28秒
騒音の多い職場・車の通りの多い道路85dB8時間
地下鉄・ドライヤー100dB15分
ナイトクラブ・ディスコ・バー105〜115dB4分〜28秒
航空機130dB1秒未満
耳を守るための対策 適正音量の環境を勧告
 WHOは、個人が実行できる聴覚障害を防ぐ対策として、騒音レベルの高い場所では曝露時間を少なくしたり、自分の耳にあった耳栓やノイズキャンセルのヘッドホンの使用を勧めている。騒音に長時間さらされるときには、静かな環境で休憩をとると耳を守ることができる。

 イヤホンやヘッドホンで音楽などを聴く場合は、ボリュームを一定量以上に上げないよう心がけることが必要だ。また、聴取時間を1日1時間程度に制限したり、休憩をはさむと良いという。

 最近は、聴取時間をモニターできるスマートフォン・アプリが出ているので効果的に使用する方法もある。また、聴覚に異常を感じている場合は検査を受けることを勧めている。

 WHOは、大音量に長時間さらされると聴覚障害が起きる危険性があることを若者に教育し、政府が適正な音量を守るようエンターテインメント施設に指導することも必要と指摘している。個人向けのオーディオ製品に、メーカーが音量の安全性についてパッケージに表示することも勧めている。

1.1 billion people at risk of hearing loss(世界保健機関 2015年2月27日)
Make Listening Safe(世界保健機関)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート