一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

医薬品ネット通販の開始から半年 「医薬品リテラシー」への関心は低い

キーワード: セルフケア

 インターネットで一般用医薬品を購入するにあたり、70%の利用者は「価格」を重視している一方で、「副作用」や「飲み合わせ」に対する関心は低く、医薬品を正しく使用する能力を示す「医薬品リテラシー」が低いおそれがあることが、「くすりの適正使用協議会」(RAD-AR)の調査で明らかになった。
65%が「積極的にネット販売を利用したい」と回答
 一般用医薬品のインターネット販売については、2013年12月に薬事法が改正され、2014年6月から新しい販売ルールが適用された。

 新たなルールでは、使用に特に注意が必要な一部の医薬品を「要指導医薬品」という新たな区分に位置づけて対面販売に限る一方、第1類、第2類、第3類のすべての一般用医薬品は、一定の条件の下、インターネットや電話などで販売できるようになった。

 調査は、2014年12月にRAD-ARがインターネット上で実施したもの。2014年6月以降にインターネットで一般用医薬品を購入したことがある20〜60代の男女500名を対象とした。

 その結果、ネット上で一般用医薬品を購入する頻度は「2〜3ヵ月に1回程度」が35.4%でもっとも高かった。

 インターネット販売の利用意向は高く、65%が今後も積極的に一般用医薬品のネット販売を利用したいと回答。特に20代〜40代の男性が、リピーターとして一般用医薬品のインターネット販売を利用している実態が浮き彫りになった。

 購入にあたり重視するポイントとしては、「価格」が65.6%でもっとも多く、次いで「効き目の強さ・穏やかさ」(44.8%)、「医薬品の名前(商品名)」(35.2%)が続いた。

医薬品の購入サイトや選択基準については不安が多い
 一方で、利用者が重視すべき「副作用」(16.2%)、「他の医薬品との飲み合わせ」(9.2%)は考慮されておらず、適正使用の面で不十分な点がみられた。

 また、販売サイトの選択ポイントについては、67.4%が「販売サイトが大手(楽天、Yahooなど)に属している」と回答し、オンラインモールの大きさを基準に選択している。

 「店舗(薬局)の詳細が詳しく出ている」は26.4%、「薬剤師の名前が確認できる点」は13.0%と低く、選択の際に考慮されていない傾向にあった。

 よく購入される商品については、「ビタミン剤・カルシウム剤」(34.2%)がもっとも多く、「風邪薬」(29.8%)、「鎮痛剤・解熱剤」(29.6%)と続いた。

 インターネット販売の制度についての知識を尋ねた質問では、「インターネット販売ができる薬局は、必ず実際の店舗がある」ことを知らない人は78.4%に上り、「インターネット販売を行っている店舗は、全て厚労省が公開している一覧で確認することができる」ことを知らない人も61.8%に上った。

 調査を監修した帝京平成大学薬学部の井手口直子教授は「インターネットの医薬品の購入サイトや選択基準については不安が多い結果となった。(薬事法の)改正も背景に"自己責任"が問われている。薬局や薬剤師を活用しながら、かしこい生活者になることが求められている」と指摘している。

くすりの適正使用協議会(RAD-AR)
[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ セルフケア

2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2019年09月12日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年08月23日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年07月31日
「口から食べる」ことが健康維持に役立つ よく噛むとホルモン分泌が増える
2019年06月24日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート