一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

がんを尿の匂いで早期発見 尿1滴で高い精度でがんを発見

キーワード: がん

 九州大学などの研究グループは、体長1ミリの線虫に人間の尿の臭いを嗅がせ、その反応から高い精度でがんを発見する検査法を開発したと発表した。日立製作所などと組んで早期の実用化を目指している。
尿1滴からがんを検出する技術を開発
 がん患者には特有の匂いがあることが知られている。今回の研究では、線虫ががん細胞に特有の分泌物の匂いに反応することが判明。その後、血液よりも診断が容易である尿に対する反応を調べたところ、がん患者の尿には誘引行動を、健常者の尿には忌避行動を示すことがわかった。

 ヒトは匂いと結合する嗅覚受容体を約350種もっているのに対し、線虫は犬と同等の1,200種以上をもっており、匂いを感じる仕組みも哺乳類とほぼ同じで、嗅覚研究のモデル生物となっている。

 研究グループは、がん細胞に対する線虫の反応を調べ、特定の臭いに対し反応する誘引行動を示すことを突き止めた。この誘引行動は、正常細胞の培養液に対してはみられず、嗅覚異常の変異体ではみられないことから、がん細胞に特有の分泌物の匂いに対して線虫が反応していることが示された。

 線虫はテストをした数十種類のがんすべてに反応を示し、がん患者をがんと診断できる確率を示す感度は95.8%、健常者を健常者と診断できる確率を示す特異度は95.0%であることが判明した。

 さらに興味深いことに、がん患者24例中5例については、尿採取時の時点で発見されていなかったがんが判明した。この検査法であれば、従来のがん検診では見つけられなかったがんを早期発見できる可能性があるという。

手軽に安価に全てのがんを診断できる検査法
 複数のがん種について調べられる検査として腫瘍マーカーが知られているが、高価で、早期がんについては精度が低いなどの欠点がある。そこで、手軽に安価に高精度に全てのがんを早期に診断できる、がんスクリーニング技術の開発が望まれている。

 新たに開発した線虫を用いた検査法であれば、費用は検査1回数百円程度で、腫瘍マーカーの検査が1回数千円以上かかるのに比べ、コスト面で優れている。

 がんによる死亡を防ぐ有効な手段は早期発見・治療だが、日本のがん検診受診率は30%にとどまっている。その理由は、「面倒である(医療機関に行く必要がある)」、「費用が高い」、「痛みを伴う」、「診断まで時間がかかる」、「がん種ごとに異なる検査を受ける必要がある」など。

 研究は、九州大学味覚・嗅覚センサ研究開発センターの広津崇亮助教、伊万里有田共立病院の園田英人外科部長、九州大学消化器・総合外科の前原喜彦教授らによるもので、オンライン科学誌「Plos One」に発表された。

 研究グループの広津助教(神経科学)は「この技術を実用化すれば、がん検診受診率の飛躍的向上とそれによる早期がん発見率の上昇、がんの死亡者数の激減、医療費の大幅な削減が見込まれる」と説明している。

九州大学 味覚・嗅覚センサ研究開発センター

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2019年01月09日
がん終末期患者の3割が「苦痛あり」 介護など家族の負担も大きい 国立がん研究センター調査
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年11月07日
長寿国ランキング 日本は2040年に2位に転落 社会格差が課題に
全国生活習慣病予防月間2019少酒
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典