一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

全国のがん罹患状況を公開 胃がんは日本海側に多い がん研究センター

キーワード: がん

 国立がん研究センターは、主ながんの種類ごとに、がんのなりやすさを示す罹患状況を全国平均と比べた地域別の分析結果をはじめて発表した。
 胃がんは日本海側で多い傾向があり、肺がんは北海道や近畿地方で多い傾向があり、肝臓がんは西日本が高いなどの特徴が明らかになった。

 国立がん研究センターは、40の道府県から集めたがん患者のデータを解析。2011年にがんに罹患(新たにがんと診断されること)した全国推計値を算出し、7種類のがん罹患率の道府県別の値を算出した。全国平均は、特に精度が高い14県のデータから推計した。
がん罹患率 男性1位は胃がん 女性1位は乳がん
 2011年に新たにがんと診断されたのは男性49万6,304人、女性35万5,233人、合計85万1,537人だった。各部位の罹患数は、2010年の推計と比較し、男性では4位だった前立腺がんが2位に上昇した。女性では順位変動はなかった。

日本のがん罹患数・率の最新推計値を公開
 発表によると、罹患率が男性1位、女性3位の胃がんは男女ともに日本海側に多く、塩分の多い食生活や、胃がんの原因になると疑われているピロリ菌の感染などが影響している可能性がある。
 また、死亡率が男性1位、女性2位の肺がんは、男性が北海道と青森県、近畿地方で高かった。これらの地域で喫煙率が高いことが影響しているとみられる
 さらに、罹患率が男性5位の肝臓がんは、肝炎ウイルスの感染者が多い兵庫、徳島、大分など西日本や山梨県で多いことが判明した。
 男性4位、女性2位の大腸がんは北海道、東北、山陰地方で罹患率が高かった。乳房、子宮、前立腺の各がんでは顕著な地域差はなかった。

 長野県と広島県では、罹患比が高い一方で死亡者の割合が少なく、同センターは「がんの早期発見や標準治療が有効に行われているからではないか」とみている。

 データが十分でないことや、登録事業を始めていないことが理由で、がん患者のデータが揃っていないのは宮城、埼玉、東京、静岡、大阪、福岡、宮崎の7都府県。2016年からがん患者の登録が法律で義務づけられるため、新年度発表の2012年分からは、47都道府県がそろう見込みとしている。

全国がん罹患モニタリング集計(MCIJ)2011年罹患数・率報告(国立がん研究センター)
全国がん罹患モニタリング集計(国立がん研究センターがん対策情報センター)
最新がん統計(国立がん研究センターがん情報サービス)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート