一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

テレビ視聴時間が長いと糖尿病リスクは上昇 ウォーキングで劇的に低下

キーワード: 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 「多動」身体を活発に動かす 身体活動・運動不足

 健康診断で「糖尿病予備群」と指摘された人にとって、テレビの前に毎日座り続けるのは最悪の生活パターンとなる可能性がある。「テレビを視聴する時間を30分削り、その時間をウォーキングなどの運動に費やせば、糖尿病の発症率は劇的に低下します」と、専門家はアドバイスしている。
テレビ視聴時間が長いと糖尿病リスクは上昇
 毎日のテレビ視聴時間が1時間増えるごとに、糖尿病の発症リスクは3.4%上昇するという研究が、欧州糖尿病学会(EASD)が発行する医学誌「Diabetologia」に発表された。

 糖尿病を予防するために推奨されるのは、運動や身体活動を増やして、体重を減らすことだ。生活スタイルを改善すれば、テレビの前で座ったまま過ごす時間は減るはずだ。

 「1日の中で座ったまま過ごす時間の短い人は、糖尿病の発症率が低いことが、3年間の調査で判明しました。座位時間を短縮することは、運動量の増加につながります」と、ピッツバーグ大学公衆衛生大学院のボニー ロケット ワグナー氏は言う。

 研究チームは、米国立衛生研究所(NIH)が主導して行われた「糖尿病予防プログラム」(DPP)の2002年のデータを解析した。同プログラムは、1996〜2002年に肥満や過体重と判定され、2型糖尿病を発症するリスクの高い成人3,200人強が参加して行われた。

 参加者は、研究開始時に2型糖尿病と診断されていなかった。参加者を、食事や運動などの生活スタイルを改善する群、糖尿病治療薬「メトホルミン」を服用する群、プラセボ(偽薬)を服用する群に分け、糖尿病をどれだけ予防できるかを調査した。

食事や運動を改善すると糖尿病リスクは58%低下
 生活スタイルを改善した群は、活発なウォーキングなどの中強度の運動を週に150分行い、体重を7%減らすことを目標にした。プログラムの開始時に参加者は1日に平均7時間を、テレビ視聴や仕事のために座ったまま過ごしていたが、介入の結果、座位時間は37分短くなった。

 それに対して、座位時間の短縮は、メトホルミンを服用した群は6分、プラセボを服用した群では9分にとどまった。

 その結果、糖尿病の予防効果がもっとも高かったのは生活スタイルを改善した群で、糖尿病の発症率は58%低下したことが判明。一方のメトホルミン投与群では糖尿病発症率は31%しか低下しなかった。

 解析の結果、テレビ視聴時間が1時間増えるごとに糖尿病リスクは3.4%上昇することが明らかになった。

テレビのスイッチを消してウォーキングを
 「テレビの視聴時間を減らすことがプログラムの目標でなく、運動時間を増やせば自動的に座ったまま過ごす時間が増えるというわけではありません。しかし、運動を毎日行っている人は、結果としてテレビの視聴時間を削って運動にあてていることが分かりました」と、ワグナー氏は言う。

 年齢を重ねると運動量は少なくなり、非活動的になる傾向があり、そのことが肥満や過体重につながる。運動不足による肥満は糖尿病の要因になる。「座りがちな生活のために糖尿病リスクにさらされている人は年々増えています」と、ワグナー氏は指摘する。

 長時間テレビの前に座っていると、テレビの周りにジャンクフードを置き、食べ過ぎにつながるおそれもある。「まずはテレビのスイッチを消して視聴時間を減らして、そのぶんをウォーキングなどの運動にあてることが糖尿病予防につながります」と強調している。

Each Hour Watching Television Increases Diabetes Risk, Pitt Public Health Finds(ピッツバーグ大学 2015年4月1日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート