一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

がん患者と家族を支援する「がんナビゲーター」 日本癌治療学会が新設

キーワード: がん

 日本癌治療学会は、がん医療を受けるために必要な医療関連情報、生活支援情報などの適切な助言や支援をおこなう「認定がん医療ネットワークナビゲーター」(がんナビゲーター)の育成を開始すると発表した。
がんの情報を伝え患者や家族をサポート
 がん診療連携の拠点病院では、がん相談支援センターが設置されており、その相談員は専門的研修の受講を義務付けられるなど、がん相談支援事業は充実している。しかし人員が絶対的に不足しており、その活動の展開には脆弱性がある。

 一方、がん患者の3つの困窮要因は、「医療情報の不足」「高額な医療費の支払い」「精神的なサポートの不足」に集約される。とりわけ、がん医療情報の提供は、患者・家族に対するがん相談支援としてがん対策の大きな柱のひとつに位置付けられている。

 「がんナビゲーター」はこうした要因に苦しむがん患者や家族をサポートするため、がんに関する正確な情報を的確、適切に伝え、患者・家族の疑問に答えて悩みを解決する手助けのできる「がん相談支援員」として位置付けられる。

 がんナビゲーターは医療者資格を要せず、ピアサポーターや福祉・介護職などを含め、その地域のがん診療ネットワークに属している人が資格をもち、日本癌治療学会の所定の履修により資格が付与される。がん診療情報、医療サービス情報の提供、入院から退院後の自宅での生活まで切れ目のない治療を受けるための「地域連携クリティカルパス」の運用支援なども行う。

 資格の申請にあたっては、学会が指定するeラーニング(パソコンなどを利用して講義、課題を受ける学習システム)の受講、セミナーや研修会への参加、研修施設での実地研究などを行った上で、がん医療に携わる地域医療ネットワークに参加している施設・組織への所属が必要となる。

 日本癌治療学会は、群馬、福岡、熊本では2014年秋からモデル事業を開始しており、最終的にはがん治療認定医と同じ2万人の認定を目標としているという。

認定がん医療ネットワークナビゲーター制度について(日本癌治療学会)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
AYA(思春期・若年成人)世代の女性の子宮頚がんや乳がんが増えている
2019年11月06日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典