一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

【栄養指導者セミナー】運動効果を上げる糖質摂取の極意 参加者募集

キーワード: 二少(少食・少酒) 肥満症/メタボリックシンドローム 「少食」食事は腹7~8分目 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす 運動 食事

 一般社団法人スローカロリー研究会(理事長・宮崎 滋)では、「スポーツ栄養」をテーマにセミナーを開催することになりました。ご関心のある方、ぜひご参加ください。参加申し込みはこちら ▶
一般社団法人スローカロリー研究会ホームページ
一般社団法人スローカロリー研究会
ホームページ

 プロのアスリート達は、技術的な指導を行うコーチや身体のメンテナンスを行うトレーナーに加え、身体づくりを栄養面から支える"スポーツ栄養士"という専門家をつけるのが常識です。

 "スポーツ栄養士"の存在は一般の人にはあまり知られていませんが、体育会系のマインドを持ち、科学的な栄養理論を実践・指導しているプロフェッショナル集団。彼らは、陸上競技、マラソン、水泳、サッカー、ラグビー等々、チームに加わり競技特性や選手に合わせて内側から身体を作り、競技中のパフォーマンスをコントロールしていく役目を担っています。オリンピックやワールドカップ、プロリーグをはじめ、実業団、小児のスポーツエリート育成、等々、幅広く活躍しています。

 健康づくりのための運動も、競技スポーツも、身体が資本です。そして、どんな運動でもエネルギー源である"糖"の存在は欠かせません。筋肉は"糖"がないと動きませんし、脂肪を付けるのも減らすのも"糖"が関係しています。持久力を上げるには?瞬発力を上げるには?健康づくりのための運動では?

 今回、そんな"糖"を操るスポーツ栄養界のカリスマが、"スローカロリー"の意義を解説します。これまで一般的に"糖"は摂取量をどれだけ抑えるかが健康づくりやダイエットの命題でした。

 しかし健康づくりをはじめ、プロスポーツにおいても、栄養の第一線では"糖"の量だけでは限界があり、中長期的なスパンでの身体づくりを実践するには、"糖"の質やバランス、そして摂り方(食べ方)の工夫を目的やライフシーンに合わせ、実践していくことがゴールドスタンダードになっています。

 そんな新時代のメインテーマとして期待されているのが、様々な目的に対応可能な"スローカロリー理論"。スポーツ栄養領域のみならず、健康づくりとしてのポテンシャルを食べ物でどう上げるか?ぜひ、多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

一般社団法人スローカロリー研究会主催セミナー
「日本のスポーツ栄養界が注目する"スローカロリー理論"とは」

~食事の糖質管理はダイエットだけの話ではない?
健康づくりのための運動やスポーツ選手のパフォーマンスにもかかわる糖質摂取の極意~

【開催概要】
日 程:2015年6月26日(金) 14:30~16:00(14:00開場)
場 所:JPタワー・KITTE 5階
    カンファレンスルームB アクセス>>
    (東京都千代田区丸の内2-7-2)東京駅前徒歩1分

プログラム:
14:30~ 司会よりプログラム説明
14:35~ 「スローカロリーと身体活動」
      勝川史憲先生(慶応義塾大学スポーツ医学研究センター教授)
14:55~ 「スポーツ栄養の観点からみるスローカロリーの活用について」
      鈴木志保子先生
       (神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科教授)
15:15~ トークセッション(鈴木先生 × Shiecaさん)
      Shiecaさん(フィットネス ライフ コーディネーター)
15:25~「糖質摂取の意義と体内メカニズム」
      宮坂清昭(三井製糖株式会社商品開発部)
15:35~ 質疑応答
15:50  終了

対象者:メディア、スポーツ栄養士、管理栄養士、企業開発担当者
申込方法:下記の登録フォームからお申込みください。
*参加証の発送はありませんので、当日はそのままお出でください。
   参加登録フォーム>>http://slowcalorie.jp/seminar/form.html
申込〆切:定員に達し次第、受付終了いたします。
主 催:一般社団法人スローカロリー研究会
後 援:三井製糖株式会社

関連情報

一般社団法人スローカロリー研究会とは?

(mhlab)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月10日
糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月30日
糖尿病やメタボの原因糖質が判明 ジュースやお菓子が勧められない理由

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月27日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月14日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病とともに生きる人と家族を支援
2018年11月14日
なぜ「朝食を抜くと体重が増える」? 体内時計で解明 名古屋大

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

テーマ ▶ 運動

2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
2018年12月27日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 糖尿病リスクを朝型生活で低下
2018年12月13日
手軽な運動で糖尿病を改善 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年11月29日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決

テーマ ▶ 食事

2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
2018年12月27日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 糖尿病リスクを朝型生活で低下
2018年12月21日
果物は糖尿病に良いのか悪いのか? 果物パワーを食事療法に活用
2018年12月12日
糖尿病の食事改善をアプリで支援 金沢大学などが新たな保健指導サービス
2018年11月30日
糖尿病やメタボの原因糖質が判明 ジュースやお菓子が勧められない理由

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年11月27日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年09月10日
高齢者のフレイル対策は栄養指導の大きな課題 日本栄養士会が全国大会
2018年09月10日
「スマートミール」認証がはじまる バランスの良い健康な食事の証
2018年09月06日
糖尿病患者さんに向けて「血糖トレンド」啓発キャンペーンを始動/アボット ジャパン

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年11月27日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年09月10日
介護予防に効果がある「百歳体操」の動画 大阪市が吉本興業と共同制作
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典