一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

欧米型の食事スタイルが男性の前立腺がんリスクを上昇させる

キーワード: 二少(少食・少酒) がん

 前立腺がんと診断された男性が、野菜や果物、魚、全粒穀類などを多く食べる健康的な食事スタイルを続けると、死亡リスクが大きく低下することが、米国のハーバード大学の研究で明らかになった。日本の緑茶も前立腺がんリスクを下げる食品として期待されている。
欧米型の食生活を続けると前立腺がんの死亡リスクは2.5倍に上昇
 男性の前立腺がんの発症数は増えており、米国がん学会(ACS)によると前立腺がんは、がんによる死亡原因として2番目に多い。米国の前立腺がんの有病者は300万人近くに上り、日本でも年間9万8,000人が新たに発症している。

 前立腺がんはゆっくり進行することが多いので、早期発見し、適切に治療できれば完治も可能だ。最近は、前立腺がんの腫瘍マーカーをみるPSA(前立腺特異抗原)検査により、早期発見が可能になっている。

 ハーバード公衆衛生大学院の研究チームによる今回の研究は、医療従事者を対象とした大規模調査「Physicians' Health Study」に参加した40~84歳の男性を対象に行われた。

 前立腺がんと診断された男性926人を対象に、がんの治療状況の調査と、食事内容に関するアンケートを14年間継続して行った。

 参加者を、加工肉や赤身肉、脂肪分の多い乳製品、糖分、精製された穀類などの加工食品を多く食べる「欧米型の食事スタイル」と、「より健康的な食事スタイル」を続けている人に四分位で分けて比較した。

 「より健康的な食事スタイル」とは、▽野菜や果物を多く食べる、▽魚を食べる、▽赤身肉や加工肉を避ける、▽精製されていない小麦粉や玄米などの全粒穀類を食べる、▽魚やオリーブオイルなどに含まれる不飽和脂肪酸を摂取する、▽豆類や大豆類を食べる――といったものだった。

 追跡期間中に333人が死亡し、うち17%(56人)が前立腺がんが原因だった。高齢で発症した男性で死亡率が高かった。

 解析した結果、欧米型の食事スタイルが中心だった男性は、前立腺がんで死亡する確率が2.5倍、全体的な死亡リスクも67%上昇することが判明した。

 一方、「より健康的な食事スタイル」をもつ男性は死亡リスクが36%低下することが明らかになった。

食事を改善すればがんのリスクは低減できる
 「前立腺がんを発症した人が生存率を高めるために、どのような生活スタイルが効果的なのかは、これまで研究の数が少なく不明でした。今回の調査では、食事スタイルを改善すれば、死亡リスクを下げられる可能性があることが明らかになりました」と、ハーバード公衆衛生大学院のホルヘ チャヴァロ氏は言う。

 がん生存率が高い人に共通する条件は、「動物性脂肪の摂取量が少ない」「アルコールの摂取量が少ない」「たばこを吸わない」ということだった。また、「カルシウムとビタミンDを十分にとっている」という傾向がみられた。

 「今回の研究の参加者の多くは医師で、健康的な生活スタイルをもつ人が多かった。米国では欧米式の食事スタイルが一般的なので、今回の調査結果がより多くの人にあてはまるかは今後の研究で確かめる必要があります」と、論文著者のメン ヤン氏は言う。

 「しかし、健康な食事スタイルは、がんだけでなく、高血圧、糖尿病、心臓病、脳卒中の予防・改善にも効果的であることが過去の研究でも確かめられています。食事を改善することは全ての人に勧められます」と、ヤン氏は指摘している。

緑茶が前立腺がんリスクを下げる
 前立腺がんの予防できる食品として、日本の「緑茶」も注目されている。フロリダ州にあるモフィットがんセンターは、緑茶に含まれるカテキンに、前立腺がんを予防できる効果を期待できるという研究を発表した。

 研究チームは、カテキンに含まれる抗酸化作用や抗がん効果の高い成分「エピガロカテキンガレート」(EGCG)を抽出。49人の被験者に1年間、毎日200mgの緑茶カプセルを2錠服用してもらった。一方、他の48人の男性には、同量の偽薬(プラセボ)を服用してもらった。

 すべての被験者が、前立腺がんの前段階である悪性度の高い前立腺上皮内腫瘍(HGPIN)、または前立腺がんを疑う小病巣(ASAP)が認められていたが、カテキンを配合した緑茶カプセルを服用した被験者では、ASAPに進行したり、前立腺がんと診断されたりする割合が少なかったという。また、前立腺がんの腫瘍マーカーとしても用いられるPSA検査の値も低かった。

Western diet may increase risk of death after prostate cancer diagnosis(ハーバード公衆衛生大学院 2015年6月1日)
Dietary Patterns after Prostate Cancer Diagnosis in Relation to Disease-Specific and Total Mortality(Cancer Prevention Research 2015年6月)
Component in Green Tea May Help Reduce Prostate Cancer in Men at High Risk, Moffitt Cancer Center Researchers Say(モフィットがんセンター 2015年5月27日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート