一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

高齢者は足の筋力を保つためにタンパク質が必要 バランスが重要

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア 三多(多動・多休・多接) セルフメディケーション 食生活 身体活動・運動不足

 高齢者は筋肉量と筋力を維持するために、食事でタンパク質を十分に摂取することが必要との調査結果が発表された。動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランス良く摂ることが重要だという。
毎日の食事でタンパク質を十分に摂取することが重要
 筋力は、運動をしないでいると加齢とともに衰える。50歳を過ぎると筋肉量は毎年1~3%ずつ低下する。筋力は毎年1.5%ずつ低下し、60歳を過ぎると低下率は3%に上昇するという。

 筋肉量と筋力を喪失すると、運動能力や日常活動能力に影響する。疾病管理予防センター(CDC)によると、65歳以上の高齢者の30%が毎年、転倒しており、打撲、切り傷、ねんざ、脱臼、大腿骨などの骨折などの原因になっている。

 筋肉が減少し、関節や筋肉の柔軟性が失われると、ちょっとしたことでバランスを崩しやすく、また転倒時の衝撃も大きくなる。特に高齢者が大腿骨頚部(太ももの付け根)を骨折すると、歩く能力を回復するのに時間がかかり、寝たきりの原因になる。

 ハーバード大学医学部などの研究チームは、1971年に開始された3世代にわたる横断コホート研究である「フラミンガム子孫コホート」に参加した平均年齢60歳の男女2,636人を対象に、1998~2001年に数回の調査を行った。参加者のタンパク質の摂取量、足の除脂肪筋肉量、大腿部の筋肉などを測定した。

 その結果、足の筋肉量と筋力を維持するために、1日に男性で約85g、女性で約75gのタンパク質が必要であることが判明した。タンパク質の摂取量が多ければ良いわけではなく、総タンパク質および動物性タンパク質をもっとも多く摂取している集団では、足の除脂肪筋肉量が多い傾向があることが分かった。

 また、大豆、小麦、豆類などの植物性タンパク質の摂取量が多い集団では、少ない集団に比べ大腿部の筋力が高いことが判明した。植物性タンパク質を摂取することが、足の筋肉の量と質を高めるのに有用である可能性がある。

 「足の筋肉の量と質を確保するために、高齢者はタンパク質を適切に摂取することが重要です。食事の改善は比較的容易に行えます。大腿部の筋肉を強めることが、高齢者の生活の質を高めるのに役立ちます」と、ハーバード大学高齢者研究所のシヴァーニ サーヘニー氏は言う。

 高齢の人は動物性、植物性を問わず、毎日の食事でタンパク質を十分に摂取することが、足の筋肉を高めるのに必要と、研究者は指摘している。

 この研究は、米国立衛生研究所(NIH)の資金援助を受けて実施され、医学誌「Journal of Nutrition」オンライン版に発表された。

Eating a Protein-rich Diet Helps Older Adults Preserve Muscle Mass and Strength(ハーバード大学医学部 2015年6月3日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

疾患 ▶ 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年08月14日
たった12週間のウォーキングで自分は変えられる 運動が糖尿病リスクを下げる
2019年07月04日
歯の喪失 糖尿病や骨粗鬆症があるとリスクが増加 口腔ケアが大切

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2019年12月06日
【2/5市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2020
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年09月17日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月11日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大学
2019年08月30日
筋力アップで糖尿病に対策 血糖値の上昇を抑える 週1回の筋トレで効果

生活習慣 ▶ 食生活

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月11日
[新連載] おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月09日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策

テーマ ▶ セルフメディケーション

2018年10月09日
「健康なまち・職場づくり宣言2020」2018年の達成状況を報告〜日本健康会議
2017年10月03日
スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」 スニーカー通勤でウォーキングを奨励
2017年07月05日
1日20分の運動でも効果がある 「クロスフィット」が糖尿病の改善に有用
2017年07月05日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月30日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典