一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

日本酒で「しっとり美肌」に 日本酒のうま味成分に新たな保湿機能

キーワード: 抗加齢(アンチエイジング)

 日本酒に含まれるうま味成分に水分保持効果があり、皮膚の保湿効果が高いコラーゲンを増やす作用があることを金沢工業大学の研究チームが発見した。
低濃度でも線維芽細胞とコラーゲンが増える
 日本酒の主成分で、麹菌によって生成される「α-エチル-D-グルコシド」(α-EG)に2つの新規保湿機能があることを、金沢工業大学の研究チームが発見した。研究は、金沢工業大学バイオ・化学部応用バイオ学科の尾関健二教授の研究グループによるもの。

 「α-EG」は日本酒に0.5%程度含まれるうま味成分。従来から長期使用による肌の保湿効果があることが知られていたが、研究グループが、肌への塗布や経口摂取により、「α-EG」に新たな保湿機能があることを発見した。

 ひとつは、「α-EG」が0.03%という低濃度でも水分保持効果が得られること。従来の研究では、「α-EG」は肌の角化の促進により水分の蒸発を抑制する長時間の保湿効果が知られていたが、今回の研究で15分から2時間という短時間でも速効性のある水分保持機能(水分蒸発を抑える機能)があることが分かった。

 もうひとつは、飲用や外用(塗布)でも、0.00001%(0.48マイクロモル)という非常に低濃度の「α-EG」が表皮の真皮層の線維芽細胞数を増やし、真皮内で保湿効果が高いコラーゲンの生産量を増やすこと。

 この2つの新規発見により、外用では洗顔石鹸やシャンプー、入浴剤やスキンケア製品などに配合する日用品への商品展開が、さらに飲用では保湿効果の高いコラーゲンを真皮内で増やす美容機能食品などの新しい用途開発が期待できるという。

 日本酒中の「α-EG」の含有量は0.5%程度だが、研究チームは増産技術の研究にも取り組み、3%を超える清酒醸造法を開発したほか、今まで廃棄物になっていたもろみの残渣に「α-EG」を2%以上含む焼酎製造方法の開発にも成功した。

 「今後はα-EGを利用して、シャンプー、石鹸などの日用品や飲用による美容食品などを産学連携で開発していく」としている。

金沢工業大学バイオ・化学部 応用バイオ学科

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート