一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

肥満の若者は「自分は太っている」と思っていない 保健指導が必要

キーワード: 二少(少食・少酒) 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH 三多(多動・多休・多接) 食生活 身体活動・運動不足

 米国の肥満や過体重の若者の多くは「自分は太っている」という自覚をもてないでいるという調査結果が発表された。「若者の行動変容を引き出すために、自己の体重を客観的にみる習慣を身に付けさせる必要がある」と研究者は指摘している。
"自分は太っている"と認識することが最初のステップ
 肥満や過体重の人が、自分の体重の変化について認識することは、体重コントロールを実行するための最初のステップとなる。

 しかし、肥満や過体重が増えている米国では、自身の体重に対して客観的な認識をもたない若者が増えているという調査結果が発表された。

 「自分で体重をはかり、標準体重であるか、それとも肥満であるか、正確な認識をもつことが、体重コントロールのための行動変容を起こすきっかけになります。"自分は太っている"と認識できる人には、食事や運動などの生活スタイルを見直すチャンスがあります」と、米国のジョージア サザン大学公衆衛生学部のジアン チャン氏は言う。

 しかし実際には、自己の体重管理について、客観的な指標をもとに正確に判定できない若者が増えているという調査結果が示された。米国の若者の肥満の割合は、過去20年間に2倍以上に上昇している。

 「自分の体重がどれくらいであれば標準体重なのか、適切に理解していない肥満や過体重の若者が増えています。そうした若者は、減量を望むことがより少ない傾向があり、食事を改善しようという意欲も薄いと考えられます」と、チャン氏は言う。

肥満や過体重に対する社会的な観念が変化
 研究チームは、米国健康・栄養調査(NHANES)の12~16歳の青年期の若者のデータを解析した。対象となったのは1988~1994年の調査の1,720人と、2007~2012年の調査の2,518人。

 対象者は、両方の調査で「自分の体重について、過体重、痩せ、適正のどれだと思いますか?」という質問を受けた。さらに、体格指数(BMI)スコアを用いて、肥満、過体重、適正体重にカテゴリー分けされた。

 その結果、肥満や過体重の若者のうち「自分は過体重だと思う」と回答した割合は、2007~2012の調査では1988~1994年の調査に比べ29%減少していた。

 「この20年間に若者の肥満は2倍に増えました。それに応じて、肥満や体重に対する社会的な観念も変化している可能性があります」と、チャン氏は指摘する。

 肥満や過体重の若者は、同世代の仲間を基準にして自分の体重について判断しており、客観的な指標であるBMIを気にしなくなっている傾向があるという。

 若者の多くは自己と他者を比較して、同世代の知人が肥満であると、自分が肥満であることを肯定的にとらえるようになる。若者は思春期を経て成長するにつれて、体格が大きく変化することも、この傾向に寄与している可能性がある。

肥満は40歳未満の若者でも問題に
 一方で、メディアや保健関連の産業、医療分野では、若者がほっそりとした体型を維持するのが理想的というイメージを広めている。理想と現実のギャップに挟まれて、過体重と肥満の若者は、自分が過体重であるという事実をますます認めたがらなくなっているという。

 「肥満の若者がやがて中年になり、高齢者になるにつれ、肥満は高血圧や糖尿病などのさまざまな生活習慣病の原因になります。自分の過剰な体重を意識することが、行動変容を引き出すための最初の一歩になります」と、チャン氏は言う。

 若者の自己の体重に対する認識を改め、体重を適切にコントロールするよう行動を変えることは、若者への社会的な圧力と精神的な苦痛をやわらげることにもつながる。

 「肥満に関しては、40歳以上の中高年で問題にされがちですが、もっと若い世代にも関心を向ける必要があります」と、チャン氏はまとめている。

Am I Fat? Many of Today's Adolescents Don't Think So(American Journal of Preventive Medicine 2015年7月14日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2019年12月06日
【2/5市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2020
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年09月17日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月11日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大学
2019年08月30日
筋力アップで糖尿病に対策 血糖値の上昇を抑える 週1回の筋トレで効果

生活習慣 ▶ 食生活

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月11日
[新連載] おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月09日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年07月24日
【全国生活習慣病予防月間2019】「少酒」川柳を募集中!(賞金5万円)
〜 都道府県対抗「少酒47」選手権! 〜
2018年05月24日
2018年度東京CDE・CDS受験者用講習会7月より募集開始
2018年05月02日
糖尿病の原因は「酸化ストレス」 肝臓の脂肪蓄積を防ぐ治療
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート