一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

眼科医が教えるコンタクトレンズの注意点 失明に至る場合も

キーワード: セルフケア

 コンタクトレンズを使用している人で、目に障害を起こす人が増えている。調査によると、使用者の99%がレンズを正しく使用していないという。トラブルを防ぐために、正しく使用することが必要だ。
コンタクトレンズを正しく使用していない人が多い
 コンタクトレンズを使用する人が増えている一方で、使用している人の10~20人に1人が、目に何らかの障害を起こしているとされる。その原因は、コンタクトレンズを正しく使用していないことだ。

 米国疾病予防管理センター(CDC)が1,000人の米国人を対象に行った調査で、コンタクトレンズの使用者の99%が正しく使用していないことが明らかになった。

 米国では4,090万人がコンタクトレンズを使用しており、年間100万人近くがコンタクトレンズが原因で角膜炎などを発症し、その医療費は約2億円(175万ドル)に上る。

 コンタクトレンズが原因で目に炎症が起こり、眼科医を受診する必要が生じたことのある人は、使用者のおよそ3分の1に上るという。

 調査によると、コンタクトレンズを装着したままシャワーを浴びたことのある人は85%、水泳をしたことがある人は61%、レンズを水で洗ったことのある人が35%に上る。

 コンタクトレンズをケースに収めるときに、保存液を毎回新しいものに替える必要があるが、ケースを空にしないで古い液剤に新しい薬剤を付け足して使用している人が55%に上ることも判明した。

コンタクトレンズが原因で「角膜感染症」に
 コンタクトレンズが原因となる代表的な病気は「角膜感染症」だ。角膜感染症とは、細菌やカビ(真菌)、ウィルスなどの病原体が角膜に感染し、炎症を起こす病気だ。

 「角膜」は黒目の部分を覆う透明の膜で、眼球を保護したり、目に入ってくる光を屈折させる役割をもっている。カメラに例えるとレンズにあたる大事な部分だ。

 そのため、角膜感染症にかかると視力が低下したり、ひどい場合は失明に至る場合もある。治療しても角膜に強い濁りが残り、角膜移植が必要となることもある。

 強い充血や目の痛み、大量の目やになどの症状が出現し、角膜感染症が疑わしい場合には早めに眼科を受診する必要がある。

 コンタクトレンズによるトラブルを防ぐためには、「眼科で検査と処方を受ける」「使用時間・交換期限を守る」「レンズをしっかりケアする」「使用中も定期的に検査を受ける」などの注意を守ることが大切だ。

コンタクトレンズを正しく使用するための注意点
 コンタクトレンズを正しく使用するために、CDCに所属する眼科医は次のことをアドバイスしている――

・ コンタクトレンズを装着する前に手を洗う
 手に付着した雑菌がレンズに付きやすいので、装着するときは必ず手洗いをして、その後で乾燥させて清潔にしてからレンズにさわる。

・ レンズを外すときにも洗浄が必要
 1日で使い捨てるタイプ以外は、毎日レンズを外すたびにしっかりケアすることが大切となる。レンズにはタンパク質や脂質などの汚れが付きやすく、細菌感染も起こりやすいので、洗浄は必ず必要となる。
 ケアは、洗浄→すすぎ→保存の順で行う。レンズを外す前にせっけんで手を洗い、手のひらにレンズをのせ、洗浄液をつけて、表と裏を指でこすり洗いをする。

・ コンタクトレンズやケースを水で洗わない
 コンタクトレンズは、真水が少し混入しただけで膨張してしまうものが多い。変形したレンズは目を傷つける原因になる。

・ 保存液の注ぎ足しをしない
 一度使った保存液は雑菌が繁殖しやすくなっている。レンズをケースに収めるときは、保存液を全部入れ替える。

・ ケースを毎回洗浄液で洗う
 コンタクトレンズを収めるケースも雑菌が繁殖しやすい。ケースの汚れが感染症の原因となることは多い。面倒でもケースは毎回洗浄液で洗い、乾かしてから使おう。
 また、ケースの寿命は3ヵ月であり、古いケースを使い続けないことが大切だ。

・ 目に異物が入らないようにする
 異物が目に入りやすい作業をする場合には、保護用眼鏡をかけるなど、目にゴミや雑菌が入らないようにする。

Contact Lens Wearer Demographics and Risk Behaviors for Contact Lens-Related Eye Infections -- United States, 2014(米国疾病予防管理センター 2015年8月21日)

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ セルフケア

2019年09月12日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年08月23日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年07月31日
「口から食べる」ことが健康維持に役立つ よく噛むとホルモン分泌が増える
2019年06月24日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月12日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート