一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

低炭水化物ダイエットと低脂肪ダイエット 効果的なのはどちら?

キーワード: 二少(少食・少酒) 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH 食生活 身体活動・運動不足

 脂質量とカロリー摂取量を制限する「低脂肪ダイエット」は、体脂肪や体重を減らすのに効果的であることが、研究で確かめられた。
メタボや肥満に対策するのに効果的なダイエットはどれ?
 「低炭水化物ダイエット」は、肥満や2型糖尿病の治療を目的として、ご飯やパンなどの炭水化物の摂取比率や摂取量を減らす食事法だ。主食を減らすだけで簡単に取り組めるので人気が高いが、その効果についてはさまざまな議論がある。

 一方、「低脂肪ダイエット」は、脂肪の少ない肉、魚介類、大豆製品、乳製品を選んで食べる食事法。低脂肪の食材を使わなければならないので、実行するのは比較的難しいとされる。

 「メタボリックシンドロームや肥満の人が体脂肪を減らしたい場合に、低炭水化物ダイエットと低脂肪ダイエットのどちらが良いのか?」という議論が多く行われている。米国で行われた最新の研究で、低脂肪ダイエットの方がより効果的であることが判明した。

 研究は、米国立衛生研究所(NIH)の研究チームが行ったもので、体格指数(BMI)の平均が36で平均年齢が35歳の肥満者19人が参加して行われた。米国ではBMIが30以上であると肥満と判定される(日本の基準ではBMI25以上が肥満)。

 研究チームは、参加者にNIH臨床センターの「メタボリックユニット」に数週間入院してもらった。最初の5日間は糖質50%、脂質35%、蛋白質15%で構成されたバランスのよいベースライン食をとってもらった。

 続く2週間は脂質量を30%減らした脂質制限食を摂取し、さらに続く2週間は炭水化物量を30%減らした炭水化物制限食を摂取してもらった。どちらもベースライン食よりもカロリー摂取量を30%制限した。

 その結果、1日あたりの体脂肪減少量は、炭水化物制限群では53gだったのに対し、脂質制限群では89gと有意な差がみられた。

 減量効果は、脂質制限群(マイナス1.4kg)より炭水化物制限群(マイナス1.8kg)で大きかったが、研究者によると水分消失量の違いによるものだという。

体重や体脂肪を減らすためにカロリー制限は必須
 厳密な実験を行った結果、脂質を制限すると体脂肪の減少幅がより大きいことが明らかになったことについて、「"低炭水化物ダイエットが効果的だ"と一部で断言されていますが、今回の研究はそれを否定するものです」と、研究に関与していないタフツ大学栄養学部のスーザン ロバーツ教授は言う。

 「ダイエットに関してはさまざまな情報が溢れており、どのやり方が効果的かという論争がたくさんあり、ダイエットに取り組む人を悩ませています。今回の研究はそうした論争に一石を投じる質の高いものです」と、ロバーツ教授は述べている。

 「炭水化物を制限すると、血糖値や、血糖値を下げるインスリンの値が改善すると考えられていますが、今回の実験では、炭水化物制限と脂質制限でインスリン値などの指標に差はみられませんでした」と、米国立糖尿病・消化器病・腎臓病研究所(NIDDKD)のケビン ホール氏は言う。

 「カロリー摂取量を減らすことが効果的であることが確かめられたことが、今回の研究のポイントです。体脂肪や体重を減らすのにカロリー制限が必要です」と、ホール氏は言う。

 「ただし、現実の世界は研究室よりも複雑です。体脂肪や体重を減らすためのダイエットは続けられることが大切なので、体重を減らしたい、肥満を解消したいと考えているのなら、取り組みやすい食事法を早く見つけることが大切です」と、ホール氏は付け加えている。

NIH study finds cutting dietary fat reduces body fat more than cutting carbs(米国立衛生研究所 2015年8月13日)
Calorie for Calorie, Dietary Fat Restriction Results in More Body Fat Loss than Carbohydrate Restriction in People with Obesity(Cell Metabolism 2015年8月13日)
You Don't Need To Go Low-Carb To Burn Body Fat, Study Says(National Public Radio 2015年8月13日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2019年12月06日
【2/5市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2020
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年09月17日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月11日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大学
2019年08月30日
筋力アップで糖尿病に対策 血糖値の上昇を抑える 週1回の筋トレで効果

生活習慣 ▶ 食生活

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月11日
[新連載] おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月09日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年07月24日
【全国生活習慣病予防月間2019】「少酒」川柳を募集中!(賞金5万円)
〜 都道府県対抗「少酒47」選手権! 〜
2018年05月24日
2018年度東京CDE・CDS受験者用講習会7月より募集開始
2018年05月02日
糖尿病の原因は「酸化ストレス」 肝臓の脂肪蓄積を防ぐ治療
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート