一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

着けるだけで作業中の腰の負担が見えるセンサ内蔵ウェアを開発

キーワード: 三多(多動・多休・多接)

 着るだけで作業中の腰の負担を可視化することができるセンサ内蔵ウェアを、北海道大学大学などの研究チームが開発した。介護施設での実証試験は成功したという。
着るだけで作業中の腰の負担を可視化
 さまざまな職場で作業員の負担や疲労の軽減、特に腰痛予防が求められる中、北海道大学大学院情報科学研究科の田中孝之准教授ら研究グループはこれまで作業を「軽労化」する取り組みを行ってきた。

 いつ、どのような作業で、どの程度の負担がかかるのかを察知することができれば、直接的に腰痛の要因となる危険姿勢を避けることができ、また作業・労務管理、業務改善をする上で有益な情報を得ることができると考え、今回のセンサ内蔵ウェアを開発したという。

 このセンサ内蔵ウェアは、腰ベルトやコルセットなどの衣服のようにのように、容易に取り付けることができる。

 加速度センサと曲げセンサが内蔵されており、ウェアを着るとそれらが腰に密着し、内蔵したマイコンで各種計算、制御、データ保存をする仕組み。内蔵バッテリで駆動でき、バッテリ込みで273gと軽量で、柔軟素材でできているため違和感なく装着できるという。

 センサの情報から、レントゲン撮影結果と同等の精度で、腰の負担を計算するために必要な腰仙椎アライメント(脊椎の腰部の位置・姿勢)をリアルタイムに推定することが可能だ。

介護施設で実証試験 介護士の腰の負荷を計測
 得られたデータをもとに、前屈姿勢など腰に負担のかかる姿勢をとったときなどに、腰椎にどれだけの負担がかかっているかをリアルタイムに計算する。

 このウェアを使えば、作業者に危険姿勢を取っていることを警告したり、作業者の負担を管理したりすることができるという。研究チームは、介護施設で実証試験を行い、介護作業での介護士の腰の負荷を計測するのに成功した。

 今後、同研究グループは、介護施設など労働現場で活用できる製品、サービスとして展開を検討しており、介護施設をはじめ、労働現場で活用できる製品・サービスの提供を目指している。

 作業中の腰負荷データを蓄積し、ビッグデータ解析することで、腰負荷の軽減や人員配置の最適化など業務改善に繋がるソリューションの提供を行うための開発を進めていく予定だ。

北海道大学大学院情報科学研究科

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート