一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

「メンタルヘルス」をスマホで改善 うつ病や統合失調症の治療効果も

キーワード: ストレス関連疾患/適応障害 三多(多動・多休・多接)

 職場のメンタルヘルスを改善するためのスマートフォン向けアプリが増えているが、実際に効果がどれだけあるかは未知数だ。「臨床での有効性を報告したエビデンスは増えているが、効果を検証するためにより多くの科学的な研究が必要」との見解を英国の研究者が発表した。
メンタルヘルスを改善するアプリの効果は?
 英国ではメンタルヘルスの改善を目的としたスマートフォン向けアプリはいくつか開発されており、中には英国の国民保健サービス(NHS)の承認を得たものもある。「本当に治療に有用であるかは、今後の研究で検証しなければ判断できない」と、リバプール大学のサイモン リー氏(医療経済学)は言う。

 「精神医療に特化されたアプリに関するエビデンスは増えています。一方で、多くは作られてから時間が経っておらず、実際に利用れさた実績が少ないものもあります。パイロット研究と症例対照研究を行い、効果を検証する必要があります」と、リー氏は言う。

うつ病治療に用いられ注目が集まる「認知行動療法」
 近年職場において問題になっている「うつ病」が働く人にとって辛いのは、休業や休職に結びつきやすいだけでなく、復職後も再発をすることが少なくないからだ。うつ病の治療では、症状を改善すると同時に、再発を予防するための対応も必要となる。

 うつ病の発症には、体質や生活環境などの複合的要因に加え、患者が長年かけてつくってきた考え方や捉え方(認知)といった行動や思考のパターンも影響している。欧米を中心に広く行われている「認知行動療法」は、患者自身の行動や思考のパターンを再検討し、修正・改善していく治療法で、うつ病に対する有効性が示されている。

 うつ病になったきっかけが仕事のプレッシャーなどである場合、職場での仕事や環境、周囲からの孤立などが負担となっていることが少なくない。認知行動療法では、患者が苦痛を感じているときに自動的に思い浮かぶ「自動思考」に目を向け、現実と食い違っている点を検証し、思考のバランスをとり問題解決を促す。こうした作業が効果を上げるためには、ホームワークを用いて日常生活の中で行うことが必要となる。

 患者自身の「考え方・心と身体・行動をどう改善したらいいか」という思考を促すためには、専門スタッフの助けが必要だが、そうした治療環境を整備できないケースが少なくない。

うつ病を改善するスマートフォン向けアプリ
 英国のリバプール大学の研究チームが開発した「キャッチ イット」は、患者自らが認知行動療法に取り組めるように設計されたスマートフォン向けアプリだ。

 患者が質問形式のコンテンツに応えることで、改善が可能な点を具体的に知ることができ、それに必要な準備が何であるかを自己確認できるよう工夫されている。アプリを通じて認知行動療法を促し、うつ病の再発予防の助けになり、心理療法士による治療の補助になるよう設計されている。

 「"キャッチ イット"は患者の認知行動の改善を促すためのアプリです。患者は自分を囲む状況を別の視点から見られるようになり、自分の感情を再評価し、どうすれば世界に適合できるかを学ぶことができます」と、開発したリバプール大学心理・社会健康学研究所のピーター キンダーマン教授は言う。

統合失調症による認知機能の低下を改善
 ケンブリッジ大学の研究チームが開発したアプリ「ブレイン・トレーニング」は、統合失調症の患者の日常生活での記憶力を向上し、自立した生活をおくれるよう支援するために利用されている。

 統合失調症は、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患だ。それに伴って、他人と交流しながら家庭や社会で生活を営む機能が障害を受け、「感覚・思考・行動が病気のために歪んでいる」ことを自分で振り返って考えることが難しくなりやすいという特徴がある。

 コンピュータを使ったトレーニングやリハビリテーションによって、生活や日常での機能改善と、統合失調症の患者が自分の症状のいくつかを克服できるようになるというエビデンスが発表された。

 研究チームは、統合失調症と診断された22人の参加者を対象に、「ブレイン・トレーニング」を4週間にわたりプレイするグループと、通常に治療のみを受けるグループに無作為に分け比較した。

 統合失調症を発症すると、記憶したり、注意を適切に集中させたり、計画を立てたり、判断したりする認知機能が低下することがある。そのため、周囲のさまざまな情報や刺激に対して、取るに足らないものを無視して必要なものだけに注意を集中することができなくなる。

脳トレーニングゲームの効果を確認
 ケンブリッジ大学の研究チームが開発した脳トレーニングゲームは、難易度を細かく設定できるウィザード式のゲームだ。プレーヤーはゲームの中で、さまざまな部屋に入り、箱の中のアイテムを見つけて、アイテムの置き場所を覚えておくよう指示される。

 「このゲームを体験した患者は記憶と脳機能を測るテスト中の誤答数が有意に減少した。現実世界でも通用するほど、回復していることが示唆された」と、ケンブリッジ大学精神科のバーバラ サハキアン教授は言う。

 統合失調症の治療は、薬物療法と心理療法の組み合わせが主流ですが、これに効果的なゲームを加えることで、統合失調症をもつ人々が日常生活で病気の影響を最小限に抑えることができるようになることを願っています」と、サハキアン教授は言う。

Psychologists develop App to help people maintain their mental health(リバプール大学 2015年4月16日)
'Brain training' app may improve memory and daily functioning in schizophrenia(ケンブリッジ大学 2015年8月3日)

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2019年07月11日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査
2019年07月10日
メンタルヘルスケアが糖尿病患者の寿命を延ばす 血糖コントロールも改善
2019年06月06日
【健やか21】「自殺予防」リーフレットを公開しました
2019年05月22日
糖尿病とともに生きることに10人に7人が疲れている 糖尿病のメンタル支援が必要
2019年03月27日
うつ病の発症原因は「仕事の不満足」 回復では「職場ストレス」が重要 職場でのヘルスマネジメント戦略
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート