一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

職場で始める「感染症対応力向上プロジェクト」 風疹の流行を防止

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導 女性の健康

 インフルエンザやノロウイルスが流行する季節になってきた。職場など人が多く集まる場所で感染が広がるのを防ごうと、東京都と東京商工会議所、東京都医師会は、感染症予防に取り組む企業を後押しする「職場で始める! 感染症対応力向上プロジェクト」を立ち上げた。
成人にも多い風疹 30歳代の男性の3割が免疫不十分
 風疹は数日で自然に軽快することが多いが、稀に急性脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症を起こす場合もあり、免疫のない妊娠初期の女性が感染した場合は難聴・白内障・心疾患などの「先天性風疹症候群」を引き起こすおそれがあるので注意が必要だ。

 風疹の潜伏期間は16~18日で、主な症状として淡紅色の細かい発疹、発熱、リンパ腺の腫れが認められる。ウイルスに感染しても明らかな症状が出ることがないまま免疫ができてしまう(不顕性感染)人が15~30%程度いることが判明している。

 日本では、2012年頃より20歳代から40歳代までの成人を中心に風疹が流行し始め、特に首都圏、関西圏において報告例が相次いでいる。2013年に大流行した風疹は、都内の患者の約9割が20~60歳の働く世代だった。

 風疹は感染力が強く、1人の患者から免疫がない5~7人に感染させる可能性があるという。昨年度、国立感染症研究所が風疹の抗体検査の結果をまとめたところ、検査を受けた30~40歳代の男性のおよそ20~30%の人の免疫が不十分だった。

 風疹の流行を防ぎ、先天性風疹症候群を防ぐためにも、予防接種をきちんと受けて、社会全体で風疹を抑え込んでいくことが必要となる。

 成人の場合は、風疹の予防接種は任意接種(希望者が各自医療機関で受ける予防接種)となる。男女を問わず、予防接種を受けていない人や風疹に罹った覚えのない人は、予防接種を受けることが望まれる。

職場で流行をブロック 東京都、商工会議所、医師会が後押し
 「職場で始める! 感染症対応力向上プロジェクト」は次の3コースで構成される。
▽感染症理解のための従業者研修。
▽職場で感染症患者が発生した場合に、業務を円滑に継続するための対処策の作成をはかるために、事業所単位での事業継続計画(BCP)を作成する。
▽予防接種等協力医療機関を紹介し、従業者の抗体(免疫)保有の確認や予防接種の推奨等を促し、職場ぐるみで風しん予防を図る。

 プロジェクトでは、まず都内の企業に呼びかけて、従業員に風疹の抗体検査や予防接種の確認などをする「協力企業」を募る。そして、従業員にワクチンの接種を勧めるなどして、従業員の9割以上が十分な抗体を得た場合には「達成企業」として「協力企業」とともに東京都のホームページに企業名を掲載することにしている。

 さらに、都医師会は職場に近い予防接種の協力医療機関を紹介する。東商は人事、労務、衛生管理の担当者らを対象に説明会を開き、身近な感染症対策に取り組むことの経営戦略上のメリットなどを解説する。

風疹の抗体検査や予防接種を勧奨
 2013年の風疹大流行の感染経路で多かったのが職場だ。職場は同じ場所で長時間過ごすため濃厚接触が起こり、風疹ウイルスの「中継基地」になりやすい場所だ。通勤電車など人が多い場所や、職場から家庭にウイルスが持ち込まれた場合にも濃厚接触が起こる。

 「中継基地」にならないためには、職場に風疹ウイルスを持ち込ませないことや職場の外に持ち出さないことが重要だ。そのためには、社員への抗体検査や予防接種の勧奨や可能であれば予防接種費用の補助を行うなどの対策を進めていく必要がある。

 東京都健康安全部感染症対策課では、「風疹は数年ごとに流行を繰り返しており、これだけ免疫が不十分な成人がいると、またいつ流行するか分からない。職場での風疹対策が進めば再流行を阻止できる可能性が高まるので、多くの企業がこのプロジェクトに協力してくれることを願っている」と述べている。

職場における風しん対策ガイドライン(国立感染症研究所 2014年3月)
職場で始める!感染症対応力向上プロジェクト(東京都)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

テーマ ▶ 女性の健康

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2021年01月07日
【健やか21】オンライン配信中! 不妊治療と仕事の両立に関するシンポジウム(厚生労働省)
2020年12月25日
【健やか21】「新子育て安心プラン」の公表について―4年間で約14万人分の保育の受け皿を整備(厚生労働省)
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート