一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

低カロリー甘味料を利用すれば体重を減らせる 摂取カロリーも減少

キーワード: 二少(少食・少酒) 肥満症/メタボリックシンドローム

 低カロリー甘味料に利用すると、食事の摂取カロリーが減り、体重を減らせることが研究で明らかになった。
低カロリー甘味料を利用すれば体重の増加を防げる
 清涼飲料やお菓子などの嗜好食品の多くは、高カロリーのフルクトース(果糖)やスクロース(ショ糖)などの糖類が添加されている。これを低カロリー甘味料に変えると、食事の摂取カロリーが減り、体重を減らせることが明らかになった。

 嗜好を満足させるために用いられる「嗜好食品」は、「茶類」「コーヒー」「清涼飲料」「ジュース・果汁入り飲料」「スポーツドリンク」などがある。糖類を含む嗜好飲料が多く、食べ過ぎるとカロリーの過剰摂取となり、肥満の原因になる。糖尿病の人では血糖コントロールを乱す原因になる。

 高カロリーの糖類の代わりに低カロリー甘味料を利用すると、体重の増加を防げることが、英国のブリストル大学が発表した研究で明らかになった。

 さらに、嗜好食品の代わりに水を飲む場合と比較しても、低カロリー甘味料を利用した方が減量につながりやすいという。

 「エネルギーの摂取量と消費量のバランスによって、私たちの体の体重は保たれています。過剰なカロリーを摂取すると脂肪細胞として体に蓄積され、体重増加が起こります。エネルギー摂取量を減らすために、低カロリー甘味料を利用するのは効果的な方法です」と、ブリストル大学のピーター ロジャース教授(心理生物学)は言う。

嗜好食品の摂取カロリーを7分の1に減らせる
 ロジャース教授らの研究チームは、低カロリー甘味料の効果を調べるために、アスパラテーム、スクラロース、ステビア、サッカリンなどの甘味料を用いた研究の系統的な解析を行った。

 研究チームは、ヒトを対象とした前向きコホート研究12件と介入研究28件の研究と、動物を対象とした研究90件を解析した。いずれも食事制限をせずに低カロリー甘味料の効果を調べたものだ。

 その結果、高カロリーの糖類の代わりに低カロリー甘味料を利用すると、カロリー摂取量が減り、体重減少に効果的であることが明らかになった。この傾向は特に介入研究で顕著だった。

 「よく飲まれている炭酸飲料は500mLで200kcalと高カロリーですが、低カロリー甘味料を使えばこれを2kcalに減らすことができます。嗜好食品を毎日摂取する人が多いので、摂取カロリーを減らすことは重要です」と、ロジャース教授は言う。

 食品や飲料などの嗜好食品に低カロリー甘味料を利用することで、1日の摂取カロリーの平均を514kcalから75kcalに減らせるという。

低カロリー甘味料は受け入れやすい食品
 過去に低カロリー甘味料を大量に摂取すると腸内細菌のバランスに悪影響があらわれるという研究が発表されているが、「そうした研究は、通常の食事スタイルでは考えられない量の甘味料を摂取した場合に限られている」という。

 「今回の研究は、低カロリー甘味料が良いのか悪いのかという視点よりも、むしろカロリー摂取量を減らすために日常的に実践が可能な手段になるという点に着目しています」と、ロジャース教授は説明している。

 研究では、特に介入研究において、低カロリー飲料が食欲を増すことがないことが明らかになった。嗜好食品の代わりに水を飲む場合と比べても、食事の量が増えない傾向があるという。つまり、低カロリー飲料は水に比べても、体重コントロールに有利であることが示された。

 「清涼飲料などの嗜好食品を摂取するのをやめるのは難しいという人が多くいます。そうした人でも低カロリー甘味料であれば、抵抗なく利用できるでしょう。低カロリー甘味料は受け入れやすい食品です」と、ロジャース教授はコメントしている。

 なお、日本では低カロリー甘味料を使った加工食品に「ノンカロリー」「低カロリー」「ノンシュガー」「微糖」などと表示されることが多いが、栄養成分表示に規定があり、必ずしもカロリーは0kcalとは限らない。食品の栄養表示をよく見ることが大切だ。

Evidence shows low energy sweeteners help reduce energy intake and body weight(ブリストル大学 2015年11月10日)
Does low-energy sweetener consumption affect energy intake and body weight? A systematic review, including meta-analyses, of the evidence from human and animal studies(International Journal of Obesity 2015年11月10日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート