一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

子宮頸がん予防ワクチンの健康被害、通院も医療費等支給へ

キーワード: がん 女性の健康

 子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症)の接種後に副作用と思われる症状の報告が相次いでいる問題で、厚生労働省はこのほど、入院治療を必要としない症状であっても医療費や医療手当の支援を行う健康被害救済を始めた。

 子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因で起こるがん。ワクチンは子宮頸がんそのものを予防する効果はまだ証明されていないものの、接種によって免疫を作りHPVの感染を防ぐ目的で有効とされている。

 一方で接種後、注射部の腫れや痛み、一時的な頭痛など比較的軽度の副反応だけでなく、まれに重い症状として両手や両足に力が入りにくくなる末梢神経の病気や、激しい頭痛やおう吐、意識低下など神経の病気で日常生活を送るのが困難になる事例の報告が相次いでいる。そのため2015年現在、積極的な接種は推奨されていない。

 万が一、ワクチン接種後に健康被害が現れた場合は、予防接種による副作用(副反応)によるものかどうか専門家からなる国の審議会で審議・認定され、入院治療が必要な場合は法律に基づいて医療費や医療手当が支給される。しかし、ワクチンとの関連性が否定できないと認定された健康被害であっても、入院相当でない症状では不支給となっていたことから、このほど通院についても予算事業による措置で医療費・医療手当相当額を健康管理支援手当として支給されることになった。

 一方で接種との因果関係を調査、審議するのに時間がかかる場合もあることから、自治体の中には独自の救済制度を設けているところもある。そのため副作用と思われる症状が出た場合は、市区町村の予防接種担当課に相談するのが望ましい。

 なお2015年12月現在、ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関国に80を超える協力医療機関および専門医療機関があり、厚生労働省のHPで一覧が公表されている。
ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関(平成27年12月1日現在)

 子宮頸がん予防ワクチンの接種に関する一般的な相談は、「HPVワクチン相談窓口」(03-5524-8137)まで。

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について(厚生労働省)
ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン) (厚生労働省)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2019年01月09日
がん終末期患者の3割が「苦痛あり」 介護など家族の負担も大きい 国立がん研究センター調査
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年11月07日
長寿国ランキング 日本は2040年に2位に転落 社会格差が課題に

テーマ ▶ 女性の健康

2019年01月18日
【健やか21】2/11(月・祝日)シンポジウム「周産期からの虐待予防」
2019年01月10日
【健やか21】ピアサポーター養成講座受講生の募集について(難病のこども支援全国ネットワーク)
2018年12月14日
【健やか21】不登校傾向にある子どもの実態調査 中学生約33万人
2018年12月06日
【健やか21】近年急増の梅毒 男性は40代、女性は20代が最多
2018年11月27日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
全国生活習慣病予防月間2019少酒
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典