一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

ネット販売の「健康食品」に医薬品成分 健康被害のおそれ 厚労省調査

キーワード: 健康食品 厚生労働省の調査

 「強壮効果」や「痩身効果」をうたい、インターネットで売られているサプリメントや健康食品など49製品から医薬品成分が検出されたという調査結果を、厚生労働省が発表した。健康被害が出る可能性があるとして、同省は購入しないよう呼びかけている。既に購入した人は使用を中止して、健康被害が疑われる場合には医療機関を受診するよう注意を促している。
「個人輸入代行」の販売サイトは危険
 調査は2014年1~3月に、「個人輸入代行」などと日本語表記がある海外業者のサイトから計81製品を購入し、国立医薬品食品衛生研究所が分析したもの。

 「精力増強」などとうたう50製品のうち33製品から、勃起不全(ED)治療薬の成分である「シルデナフィル」「タダラフィル」などが検出された。頭痛やほてり、心悸亢進などの副作用が起きる可能性があるという。

 また「痩身効果」をうたう31製品のうち16製品から、便秘症治療薬である「ビサコジル」や気管支炎治療薬である「ジプロフィリン」などがみつかった。いずれも過敏症状や意識障害、心悸亢進、悪心・嘔吐などが起きる可能性がある。

 さらに「強壮効果」をうたう9製品には「フェノールフタレイン」も含まれていた。この成分は医薬品(下剤)として使用されたこともあるが、発がん性があるため現在は医薬品として使用されていない。

違法性が疑われるサイトを見つけたときは通報を
 本来は医師の処方が必要な成分だが、いずれも医薬品の表記はなく、国内業者であれば医薬品医療機器法(旧薬事法)違反にあたる。販売サイトの多くは所在地を明らかにしていないため、警告メールの送信や、対応するレジストラへの削除要請などを行い、指導・取締りを行っているという。

 こうした「健康食品」は、それらは国内で承認された医薬品と異なり、品質、有効性、安全性が確認されているものではなく、表示された成分が入っていないものがあったり、表示のない医薬品成分が入っているなどして健康被害を起こすおそれがある。

 違法性が疑われるサイトを見つけた場合には、同省が委託した一般社団法人・偽造医薬品等情報センターが運営する「あやしいヤクブツ連絡ネット」への通報を呼びかけている。

あやしいヤクブツ連絡ネット
平成25年度「インターネット販売製品の買上調査」の結果を公表します(2015年12月28日)

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健康食品

2019年06月28日
【PR】
尿酸値が気になる人へ!
尿酸値の上昇を抑える「PA-3乳酸菌」活用のススメ
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
2018年11月16日
糖尿病の食事療法のポイントを解説 食を楽しみながら食事療法を継続
2017年08月25日
健康食品で「肝障害」 黄疸・倦怠感などの症状が 国民生活センター
2017年06月30日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる

テーマ ▶ 厚生労働省の調査

2018年09月18日
2017年国民健康・栄養調査(2) 食事エネルギー量は60歳代が最多 外出しない高齢男性が低栄養に
2018年09月18日
2017年国民健康・栄養調査(1) 糖尿病・高血圧・コレステロール 多くの項目で目標未達成
2018年08月24日
厚労省 長時間労働が疑われる事業場の監督指導結果を公表
2018年03月29日
高齢者が働く理由は「体に良い」「老化を防ぐ」 介護中の離職は深刻
2018年03月23日
「健康日本21」(第二次)の中間評価 日本人の平均寿命と健康寿命が延伸
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

新着ニュース
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート