一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

薄毛や脱毛の人に朗報 歳をとると毛が薄くなる仕組みを解明

キーワード: 抗加齢(アンチエイジング)

 加齢によって薄毛や脱毛が引き起こされるのは、毛穴の奥にある「毛包」のコラーゲンがなくなり、毛を再生する細胞がフケや垢とともに皮膚の表面からはがれ落ちるから――脱毛治療法の開発に結びつく発見を東京医科歯科大学の研究グループが発表した。
加齢に伴い毛が薄くなる仕組みを解明 治療法の開発へ
 東京医科歯科大学の研究チームは、歳をとると毛が薄くなる仕組みを解明した。研究チームは、毛穴の奥にある「毛包」に着目。分裂を繰り返して、新しい毛を再生する「毛包幹細胞」が加齢に伴いどう変化するかを調べた。

 その結果、毛包幹細胞は毛周期ごとに分裂するが、加齢に伴って自己複製しなくなり、老化するとフケや垢とともに皮膚表面から脱落していき、毛を生やす小器官が段階的にミニチュア化(矮小化)する。これが薄毛や脱毛が引き起こしているという。

 毛包のミニチュア化は、男性型脱毛症に特徴的な変化であると考えられてきたが、生理的な加齢変化として進行していくことが判明した。男性の脱毛症だけに当てはまると考えられていたが、40歳と59歳の女性の頭皮を観察することで、女性でも進行することも明らかになった。
薄毛・脱毛の原因 加齢にともない毛包幹細胞が老化し毛包がミニチュア化する
毛包幹細胞が発現するコラーゲンが毛包の縮小を抑える
 さらに研究チームは、毛包幹細胞を維持するうえで「17型コラーゲン」というタンパク質が重要な働きを担っていることを発見。毛包幹細胞が分裂して毛になる細胞を供給するが、その際に生じるDNAの傷を修復する反応は加齢に伴って遅くなる。薄毛のマウスでは細胞の分裂時に、17型コラーゲンも一緒に分解されて枯渇することを突き止めた。

 遺伝子操作によって17型コラーゲンの枯渇を抑えたマウスでは、同じ年齢の薄毛マウスより毛包の縮小が抑えられ回復することも確認。これによって毛包幹細胞が幹細胞性を失って脱落していく。ヒトの頭皮の毛包でも同様のことが起きているという。

 この研究は東京医科歯科大学難治疾患研究所幹細胞医学分野の松村寛行助教、毛利泰彰特任助教、西村栄美教授らの研究グループによるもの。研究成果は科学誌「Science」に発表された。

 「毛髪にも"幹細胞を中心とした老化プログラム"があることをはじめて明らかにしました。これを制御できれば、さまざまな加齢に関連する疾患の予防や治療へと役立ちます。17型コラーゲンがなくなるのを抑制し、脱毛を防ぐような治療法の開発に結びつけたい」と、西村教授は話している。

東京医科歯科大学難治疾患研究所幹細胞医学分野

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート