一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

ゆっくり噛んで食べるとエネルギー消費量が増加 咀嚼で肥満に対策

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 「少食」食事は腹7~8分目 「多動」身体を活発に動かす セルフケア 食生活

 急いで食べるのに比べ、よく噛んで食べる方がエネルギー消費量が増え、肥満を防ぎやすくなることを、東京工業大学の研究チームが明らかにした。食後にガムを噛んでもエネルギー消費量の差は埋められないという。
よく噛んで食べるとエネルギー消費量が増加する
 食事をとると体に吸収された栄養素の一部が体熱となって消費される。そのため食事をした後は、安静にしていても代謝量が増える。この代謝の増加を「食事誘発性熱産生」という。

 栄養素の中で食事誘発性熱産生が多いのはタンパク質だ。食事はタンパク質をバランス良く含んだものの方が良いことは、エネルギー消費の点でも明らかだ。

 研究チームは、平均年齢23歳の12人の成人に参加してもらい、パスタ、ヨーグルト、オレンジジュースという合計621kcalの食事をとってもらった。早く食べた場合と、ゆっくり食べた場合の、食後3時間の食事誘発性熱産生を比較した。

 その結果、ゆっくりと良く噛んで食べた時にはエネルギー消費量は30kcalだったが、早く食べた場合は15kcalだった。咀嚼の回数を増やすことでエネルギー消費量に2倍の差が出ることが明らかになった。

 また食後に15分間ガムを噛むと、エネルギー消費量は6~8kcal増加し、この増加はガム咀嚼後40分程度続いたが、食事をよく噛んで食べた場合のエネルギー消費量に匹敵するほどの影響は出なかった。

 研究は、東京工業大学大学院社会理工学研究科の林直亨教授らによるもので、医学誌「Obesity」に発表された。
「早食い」と「遅食い」ではエネルギー消費量に差が出る
「早食い」の人は肥満リスクが上昇
 「ガムでエネルギー消費量の増加が見られたことから、噛むこと自体が食後のエネルギー消費量を増やす要因になります。ゆっくりよく噛んで食べることをベースにしたダイエット法の開発にもつながる成果です」と林教授は説明する。

 2013年度国民健康・栄養調査によると、肥満者(BMI25以上)の割合は、男性28.6%、女性20.3%だった。肥満の割合は男性では40歳代でもっとも多く、女性では年齢が上がるにつれてが高くなる。

 日本肥満学会の「肥満治療ガイドライン」では、「咀嚼法」が肥満治療における行動療法のひとつとして明記されており、1回20~30回以上かむことが推奨されている。

 よく噛んで食べることのメリットは、食事誘発性熱産生の増加に加えて、▽満腹感が得られやすくなり、食べ過ぎを防げる、▽よく噛むことで視床下部からヒスタミンが分泌され、食欲を抑制する、▽よく味わって食べることで、薄味や少量でも満足感を得やすくなる――などがある。

 岡山大学の研究チームが2014年に発表した1,314人の若者を対象に行った研究でも、「早食い」の人は、「ゆっくり食べる」人に比べ、肥満リスクが4.4倍に上昇することが確かめられている。

 「日本人では年齢が上がると共に肥満が増える傾向がある。若いうちから、咀嚼の回数を増やす習慣を身に付けることが、将来の生活習慣病を予防するうえで重要です」と、林教授は述べている。

東京工業大学大学院社会理工学研究科
Effect of postprandial gum chewing on diet-induced thermogenesis(Obesity 2016年2月17日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

テーマ ▶ セルフケア

2019年09月12日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年08月23日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年07月31日
「口から食べる」ことが健康維持に役立つ よく噛むとホルモン分泌が増える
2019年06月24日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月12日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響

生活習慣 ▶ 食生活

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月11日
[新連載] おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月09日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月12日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2019年12月06日
【2/5市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2020
2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年11月12日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート