一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

特定健診の基準を見直し 「腹囲が基準未満」でも心血管疾患リスクが2倍に

キーワード: 動脈硬化 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 健診・保健指導

 メタボリックシンドロームに着目した特定健診で腹囲が基準(男性85cm、女性90cm)に満たなくても、高血糖や高血圧、脂質異常などの危険因子が1つでもあると、脳卒中や心筋梗塞の発症リスクが約2倍になるとの調査結果を、厚生労働省研究班(研究代表者:門脇孝・東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科教授)が発表した。
腹囲とBMIが基準値未満でもリスクがあると心血管疾患は2倍に増加
 2005年にメタボリックシンドロームの診断基準が策定され、内臓脂肪蓄積を診断の必須項目とし、内臓脂肪面積100㎠以上をマーカーとして、腹囲(ウエスト周囲長)の基準値が「男性85cm、女性90cm」と定められた。2008年度から「メタボリックシンドロームに着目した特定健診・特定保健指導」が開始された。

 厚生労働省研究班(代表者:門脇孝・東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科教授)は、心筋梗塞などの心血管疾患発症を効果的に予防するとために、腹囲の基準値を見直す必要性について検討している。
 研究では2010年~2014年に、男性2万591人、女性1万7,901人を対象に、全国の12のコホートで心血管疾患の発症などをフォローアップした。

 保健指導レベル別にみた心血管疾患発症のハザード比をみたところ、腹囲とBMIがともに基準値未満で、血糖、脂質、血圧のリスクのある人(対照群)を基準に比較したところ、「動機づけ支援レベル」ではハザード比が男性で1.01倍、女性では1.07、「積極的支援レベル」では男性で1.61倍、女性で1.65倍になった。

 特定保健指導の階層化基準で選定された「積極的支援レベル」群の心血管疾患発症のリスクは対照群より高いことから、特定保健指導の効果が高いことが明らかになった。

 次に、腹囲とBMIがともに基準値未満で、リスクが全くない人(対照群)を基準に比較したところ、腹囲とBMIがともに基準値未満であっても、リスク数が1つの人では心血管疾患発症のハザード比は男性で1.91倍、女性で2.12倍になった。リスク数が2つの人ではハザード比は男性で2.22倍、女性で2.54倍になった。

 同様に「動機づけ支援レベル」の群ではハザード比は男性で1.97倍、女性で2.32倍になり、「積極的支援レベル」の群ではハザード比は男性で3.17倍、女性で2.83倍に上昇した。

 つまり、「積極的支援レベル」と「動機づけ支援レベル」の人の心血管疾患の発症リスクは、対照群より高いことが示されただけでなく、腹囲とBMIの基準を満たさない人でも、リスクファクターを有すると心血管疾患のリスクが上昇することが示された。
腹囲を「男性85cm、女性90cm」から厳しくした場合の影響
 「BMIと腹囲の基準値をともに満たさない"情報提供レベル"の群でも、血糖、脂質、血圧のリスクファクターがない人と比べると、リスクファクターがある人では、心血管疾患発症のリスクが上昇することが明らかになった」と研究班では述べている。

 なお、研究ではメタボリックシンドロームを構成するリスクファクター数が1を超える腹囲は男性では85cm前後、女性では90cm前後であることが示された。これは、現行のメタボリックシンドロームの診断基準の基準値と合致する。

 「メタボリックシンドロームに着目した保健指導では、腹囲を必須とする基準で診断することに妥当性がある。"内臓脂肪を減らす"という介入は簡明で合理的な手段であることが確かめられた」と、研究班では述べている。

 一方で、腹囲の基準値を現行の「男性85cm、女性90cm」からより厳しくした場合の影響についても検討した。特に女性では心血管疾患発症のリスクを下げる効果が得られるという。もしも女性の「腹囲90cm以上」あるいは「腹囲90cm未満でBMIが25以上」という基準を外し、腹囲80~90cmも対象に加えると、65~74歳の女性で心血管疾患発症のハザート比は2.8から1.8に改善すると推定された。

 そうした場合は特定保健指導の対象者が増えるとみられる。「動機付け支援レベル」の女性は現行の18.2%から32.9%に増え、「情報提供レベル」の女性は76.3%から60.7%に減ると推定されている。「積極的支援レベル」の女性の増加はわずかにとどまるという。

 「動機づけ支援レベル群が増加することと、女性の前期高齢者(65~74歳)では心血管疾患発症のリスクが低い人を多く拾い上げることが明らかとなった。医療資源・医療費に余裕がある場合に介入の対象となる可能性がある」と研究班では述べている。
 今回の結果を受け、2018年度の特定保健指導の指針見直しに向け、具体策が検討される。

 2013年に厚生労働省健康局が提出した「標準的な健診・保健指導プログラム[改訂版]」では「医療保険者の判断により、動機づけ支援、積極的支援の対象者以外の者に対しても、必要に応じて保健指導の実施を検討することが望ましい。特に、腹囲計測によって内臓脂肪型肥満と判定されない場合にも、血糖高値・血圧高値・脂質異常等のリスクを評価する健診項目を用い、個別の生活習慣病のリスクを判定する」とされている。

第5回特定健康診査・特定保健指導の在り方に関する検討会(厚生労働省 2016年4月11日)
[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

疾患 ▶ 動脈硬化

2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策
2020年09月11日
「緑茶」に肥満・心臓病・脳卒中・認知症の予防効果 お茶を飲むシンプルな生活スタイル
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート