一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

【救急の日】イベント「救急の日2016」を開催します

キーワード: 「多接」多様なつながり 女性の健康

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップ。

9月4日に救急活動の実演や心肺蘇生法の一般参加体験等を行います
 厚生労働省は、関係省庁等と協力し、救急医療に関する普及啓発を図るため「救急の日」(9月9日)及び「救急医療週間」(本年は、9月4日~10日)の活動の一環として、9月4日に一般向けイベント「救急の日2016」を開催し、救急活動の実演や心肺蘇生法の実演及び一般参加体験等を行います。
【 救急の日2016 】
(1)期 間:平成28年9月4日(日)
11:00-17:00
(2)場 所:アクアシティお台場 3階 
(続く)

他にも学校保健・母子保健に関する最新情報多数

最新トピックス(2016年9月1日更新)


    ・救急の日及び救急医療週間の一般向けイベント「救急の日2016」の開催について(厚生労働省)
    ・平成29年度「児童福祉週間」にふさわしい標語の募集について(厚生労働省)
    ・第6回周産期医療体制のあり方に関する検討会の資料掲載について(厚生労働省)
    ・麻しんに関する緊急情報の掲載について(国立感染症研究所)
    ・政府広報オンライン:「カワイイ!」だけで大丈夫? 子ども服は、安全性を考えて選びましょう の掲載について(内閣府)
    ・「プラチナくるみん認定企業100社突破?仕事と子育ての両立支援に積極的な企業が増加中?」の情報掲載について(厚生労働省)
    ・第2回 家庭看護力醸成セミナーの開催について(日本小児科医会)
    ・子ども安全メール「台所用や洗濯用洗剤の誤飲に気を付けて!」の掲載について(消費者庁)
    ・第2回 小児救急研修会の開催について(日本小児科医会)

    ※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?
母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
2015年度 トピックス一覧

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「多接」多様なつながり

2019年07月11日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査
2019年07月11日
肥満が「聴力低下」のリスクを上昇させる 5万人の職域コホート研究「J-ECOH」で明らかに
2019年06月24日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年03月15日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月07日
認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研

テーマ ▶ 女性の健康

2019年10月07日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 糖尿病リスクが減少
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月17日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月05日
【健やか21】令和2年度「児童福祉週間」の標語を募集します
2019年08月29日
【健やか21】「医療機器が必要な子どものための災害対策マニュアル改訂版」
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート