一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

母親の有職割合が増加 ~厚労省・21世紀出生児横断調査

キーワード: 厚生労働省の調査 女性の健康

 厚生労働省はこのほど「21世紀出生児横断調査」について、平成13年出生児の第14回調査と、平成22年出生児の第5回調査の結果を取りまとめ、公表した。

 同調査は調査対象児について、生活実態や経済変化の状況を継続的に観察するために行われている。平成13年と平成22年の一定期間内に生まれた児童を対象にしており、比較対象などを行う目的もある。今回、発表された調査での子どもの年齢は、平成13年出生児が14歳(中2)、平成22年生まれが4歳6ヶ月となっている。

母親の約8割が有職 ~平成13年出生児の第14回調査
 有職の母親の割合は、出産半年後に行われた第1回調査から年々、増加しており、子どもが中2となった今回の調査では、およそ8割を示した。中1で行われた前回調査と比べると、無職であった母親のうち約25%が有職(パート・アルバイトが最多)となった。

 子どもに悩みや不安があるか尋ねた調査では、中1での前回調査に比べて増加しているが、特に女児は全体の5割を超えていることが明らかになった。悩みや不安の種類は「進路に関すること」が増加している。

 子ども自身が考える将来は、「大学卒業後に働くことを考えている」が最も高かった。結婚については、男児の約半数が具体的に考えていないのに対し、女児は約6割が20代で結婚したいと考えていた。

母親が有職の割合は平成13年調査より増加 ~平成22年出生児の第5回調査
 母親が有職の割合は、子どもが4歳6ヶ月時点で行われた今回調査では58.2%となった。この値は、平成13年出生児を対象に行われた同時期の調査(以下、平成13年調査)より11.4%高い。出産1年前から就業状態が「勤め(常勤)」だった母親で、第1回から第5回調査まで継続して「勤め(常勤)」状態にある人の割合は44.5%で、平成13年調査より11.8%高いことも分かった。

 父母の喫煙状況を調べた調査では、母がたばこを「吸っている」割合は8.1%、父が「吸っている」割合は38.0%。いずれも平成13年調査より減少している。

 「保育所等の利用状況」では、保育所、認定こども園、幼稚園等を「利用している」割合は92.0%だった。

第14回21世紀出生児縦断調査(平成13年出生児)及び第5回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)の概況(厚生労働省)

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 厚生労働省の調査

2018年09月18日
2017年国民健康・栄養調査(2) 食事エネルギー量は60歳代が最多 外出しない高齢男性が低栄養に
2018年09月18日
2017年国民健康・栄養調査(1) 糖尿病・高血圧・コレステロール 多くの項目で目標未達成
2018年08月24日
厚労省 長時間労働が疑われる事業場の監督指導結果を公表
2018年03月29日
高齢者が働く理由は「体に良い」「老化を防ぐ」 介護中の離職は深刻
2018年03月23日
「健康日本21」(第二次)の中間評価 日本人の平均寿命と健康寿命が延伸

テーマ ▶ 女性の健康

2019年10月07日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 糖尿病リスクが減少
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月17日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月05日
【健やか21】令和2年度「児童福祉週間」の標語を募集します
2019年08月29日
【健やか21】「医療機器が必要な子どものための災害対策マニュアル改訂版」
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

新着ニュース
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート