一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

厚生労働省が「セーラームーン」とのコラボで性感染症を啓発

キーワード: 健診・保健指導

 厚生労働省がこのほど、性感染症の予防や早期発見、治療の必要性を啓発するため、漫画「美少女戦士セーラームーン」(武内直子原作)とコラボレーション。ポスター、リーフレットのほか、コンドームのハート型パッケージにセーラームーンのイラストを使用し、「検査しないと おしおきよ!!」のキャッチフレーズで啓発につなげる。



 性感染症の中では近年、「梅毒」の増加が懸念されており、2010年と2015年の感染者報告数を比べると約4倍になっている。

 梅毒は主に性的接触で感染するため、コンドームを適切に使用しないとリスクが高まるが、不特定多数の人との性的接触などがあると感染が広がりやすい。感染が疑われる場合には早期に医師の診断、治療を受けることが重要であるが、初期症状に気づかないケースも多いという。

 そのため厚生労働省はこのほど、梅毒とそのほかの性感染症の予防と検査、診断をうながそうと、幅広い年代に認知されているアニメ「美少女戦士セーラームーン」のイラストを用いた啓発ツールを制作した。

 リーフレットはA4サイズで約16万部、ポスターはA2サイズで約5千部を作成。リーフレットの裏面には性感染症の感染者報告数の推移や、代表的な性感染症の特徴、症状などを掲載している。

 またコンドームのハート形パッケージは性の健康医学財団(北村唯一理事長)作成によるもの。約6万個を作成し、自治体や各種イベントなどで配布される。

 同財団では毎年11月25日から12月1日までの1週間を「性の健康週間」と位置づけ、積極的な普及啓発活動を行っており、全国の保健所で行われる性の健康週間イベントでもこのコンドームを配布する予定。

報道発表「厚生労働省が性感染症の予防啓発で美少女戦士セーラームーンとの コラボレーションポスターなどを作成しました」(厚生労働省 2016年11月21日)

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2017年11月06日
【健やか21】(思春期アンケート)子どもが死にたいと思う悩みについて
2017年11月02日
東京都が7言語で新型インフルエンザ発生予防のパンフレットを作成
2017年10月05日
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的
2017年10月03日
「食欲を抑えられない」のはなぜ? 食欲ホルモン「レプチン」のメカニズム
2017年10月03日
AI(人工知能)が自治体の保健指導を提案 医療費減へ 筑波大など共同開発
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。