一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

くるみと緑茶の組み合わせは理想的 くるみが糖と脂肪の代謝をサポート

キーワード: 脂質異常症(高脂血症) 食事

くるみ

 くるみが炎症と新陳代謝に好影響をもたらす可能性があることが明らかになった。この効果は、緑茶やブロッコリーなど、他のホールフードと組み合わせると、さらに増幅するという。緑茶をよく飲んでいる日本人にとっては興味深い研究結果だ。

くるみは代表的なホールフード

 くるみは世界の研究者が注目している健康的なホールフードだ。日常の食生活にくるみを取り入れることが健康を改善するという研究報告は世界中で発表されている。*1

 「ホールフード」とは、自然のままの未加工の食品、もしくはより未加工に近い食品のこと。野菜などを実だけを食べるのではなく、葉や根や皮なども含めて丸のまま食べよう、というのがホールフードの考え方だ。

 プラントベース(植物性食品中心)のホールフード(未精製・未加工の食品)は、がんや2型糖尿病など、さまざまな病気の予防役立つことが多くの研究で確かめられている。*2

くるみ
くるみと緑茶の組み合わせは理想的

 オレゴン州立大学のニール シェイ博士らは、欧米型の食事を摂っている場合に、くるみと他のホールフードとの組み合わせて摂取すると得られる可能性のある健康効果について調べた。研究は、学術誌「The Journal of Nutrition」に発表された。*3

 研究チームは、人間の低脂肪食、高脂肪食に相当する餌、さらに高脂肪食に体重の8.6%のくるみを加えた餌を、マウスに与えた。他の9グループのマウスには、くるみを加えた餌にもう1つホールフード(ブルーベリー、ラズベリー、リンゴ、クランベリー、タルトチェリー、ブロッコリースプラウト、オリーブ油、大豆タンパク、または緑茶)を加えたものを与えた。

 9週間経過後、くるみを加えた餌を与えたグループのマウスでは、高脂肪食を与えた比較対照グループのマウスに比べて、明らかな健康改善の効果がみられた。

 くるみ、およびくるみともうひとつのホールフード、特に緑茶、ブロッコリーを与えたグループのマウスでは、高脂肪食を与えたグループに比べて、肝臓の脂肪濃度が低下した。肝臓の脂肪濃度は、緑茶を与えたマウスでは61%、ブロッコリースプラウトを与えたマウスでは49%、それぞれ低下した。

 また、耐糖能検査では、ラズベリーを与えたマウスでは93%、リンゴを与えたマウスでは64%、緑茶を与えたマウスでは54%、それぞれ改善した。

くるみ
くるみが炎症と新陳代謝に有益な効果を及ぼす

 くるみと緑茶は、それぞれに健康効果の高い食品だが、組み合わせることでさらに、糖と脂肪の代謝をサポートする働きが高まることが明らかになった。

 「研究では、欧米型の食事を摂取している場合に、くるみとさまざまなホールフードをいっしょに摂ると、どのような効果を得られるかを調べました。その結果、食生活でのくるみの有益な役割があらためて裏付けられました」と、シェイ博士は言う。

 特筆すべきは、くるみの健康効果は、標準的な量の摂取(1日当たりわずか42gサービング)を摂取すると得られることだという。

 くるみはお茶うけとしてもよく合うので、いっしょに食べることで相乗効果が生まれることが判明したのは、日本人にとっても嬉しい情報だ。

 研究では、くるみに他のホールフードを加えることで、代謝産物および遺伝子発現のレベルや、その他の生理的パラメータに変化が生じ、炎症と新陳代謝に有益な効果を及ぼすことも判明。

くるみ

1日にひとつかみのくるみを食べると効果を得られる

 上記の研究で、マウスに与えられていたくるみを人間の摂取量に換算すると、およそ28gになる。これは、片方の手の平に入るぐらいの量だ。

 くるみは心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、メタボリックシンドローム、がんなどのリスクを低減することがさまざまな研究で明らかになっている。*1

 くるみは栄養価の高い食品で、1オンス(28g)のくるみに含まれる脂肪酸18gのうち多価不飽和脂肪酸(PUFA)は13gを占める。

 くるみに含まれる栄養素の中で、特に注目を浴びているのがオメガ3(n-3系)脂肪酸だ。くるみは植物由来のオメガ3脂肪酸であるアルファリノレン酸(ALA)のすぐれた供給源で、ひとつかみのくるみ(28g)の中に2.5g含まれており、これはナッツ類で2番目に含有量の多いものの5倍以上に相当する。

 くるみには、食物繊維、たんぱく質、マグネシウム、カリウムなどの栄養素も豊富に含まれている。

 「NuVal栄養評価システム」は、食品を1から100までのスコアであらわしたもので、スコアが高いとその食品は総合的に栄養価が高いことを示している。米国のイェール大学のイェール・グリフィン予防医学研究所などによって開発され、米国では栄養士や医療の専門家に活用されている。*4

 この栄養評価システムで、くるみは100点満点で82点という高得点を出しており、栄養価のとても高い食品であることが明らかになっている。

くるみは和食にも良く合う

 くるみの研究や普及活動をしているカリフォルニアくるみ協会 のサイトには、くるみレシピのアイデアをはじめ、くるみの栄養や健康に関するさまざまな情報が掲載されている。

くるみと季節の野菜のサラダ レモンビネグレット添え
くるみ香るパスタ レモン風味
くるみとベリーのトライフル

参考
  • *1 Nutrition & Scientific Research: A Resource Guide for Health Professionals(カリフォルニアくるみ協会)
  • *2 What Should I Eat? Vegetables and Fruits(ハーバード公衆衛生大学院)
  • *3 Consumption of Walnuts in Combination with Other Whole Foods Produces Physiologic, Metabolic, and Gene Expression Changes in Obese C57BL/6J High-Fat-Fed Male Mice(The Journal of Nutrition)
  • *4 NuVal Nutritional Scoring System
  • くるみ ヘルスケア・プロジェクト

    (Terahata)

    関連トピック

    疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

    2017年09月28日
    今年は食後高血糖(血糖値スパイク)「糖をはかる日」講演会開催間近!!
    2017年07月04日
    高リスク糖尿病の二次予防はLDL-C70未満 動脈硬化性疾患予防GL改訂
    2017年05月17日
    間食指導に便利な「間食指導パネル」リニューアル版を公開!
    2017年05月09日
    ACCORD追跡研究 脂質管理強化は本試験同様、高TG/低HDL-Cで有効
    2017年04月24日
    「非空腹時の中性脂肪は175が上限」欧州の新基準 糖尿病でより重要

    テーマ ▶ 食事

    2017年11月01日
    「糖質50%オフおせち」 お正月も食事には気を抜けない
    2017年10月19日
    賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集
    2017年10月19日
    【追加募集決定!】「糖をはかる日」クッキングセミナー
    2017年10月17日
    【生活習慣病予防月間2018】インスタグラムキャンペーン 「少食ごはん」 募集中!
    2017年10月05日
    「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
    全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
    糖とカロリーのお役立ちTips
    新着ニュース
    健診・予防3分間ラーニング
    乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
    毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
    医療動画データベース「medoga(メドーガ)」
    保健指導リソースガイド 求人情報
    保健指導リソースガイド
    糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
    糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
    日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
    大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
    セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
    日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
    病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
    ※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。