一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「椅子座り立ち運動」ができなくなったら注意 「サルコペニア」の危険性

キーワード: 「多動」身体を活発に動かす 抗加齢(アンチエイジング) 身体活動・運動不足

 筋肉に脂肪が霜降り状に蓄積する「脂肪筋」が増えると運動機能が低下し、特に男性では年齢が高くなると「脂肪筋」が増え、「サルコペニア」の危険性が高まることが、名古屋大学などの研究チームによって明らかにされた。
 「脂肪筋」がたまると運動能力が衰えるが、その目安となるのは「椅子座り立ち」運動の衰えだという。
筋肉が霜降り状態に
「脂肪筋」がたまると運動機能が低下
 「脂肪筋」が増えると、血糖を下げるインスリンの効きが悪くなる「インスリン抵抗性」が引き起こされ、2型糖尿病のリスクが上昇する。また、「脂肪筋」は運動機能にマイナスの影響を及ぼすことが明らかになっている。

 「脂肪筋」は加齢とともに増加するが、日本人ではどのような因子と関係しているのかは明らかになっていない。そこで、名古屋大学などの研究チームは、どのような人が「脂肪筋」がたまりやすく、どのような体の変調が起こりやすいかを調べた。

 研究は、名古屋大学総合保健体育科学センターの秋間広教授らによるもので、医学誌「Archives of Gerontology and Geriatrics」に掲載された。
運動機能が低下すると「サルコペニア」の危険性が高まる
 研究チームは、62~88歳の男女64人を対象に、太ももの筋肉の「脂肪筋」の指標と筋肉の厚み、椅子の座り立ちを連続10回行うのに要する時間、寝た状態から立ち上がるまでに要する時間などの運動機能について測定した。

 「脂肪筋」に関わりの深い因子を調べたところ、年齢が高くなると「脂肪筋」が増える傾向がみられ、筋肉量が低下するとまず椅子の座り立ちの機能が衰えることが明らかになった。つまり、「脂肪筋」が多い人は、加齢に伴い筋肉が萎縮し、運動機能も低下し、「サルコペニア」の危険性が高まるという。

 「サルコペニア」とは、加齢とともに筋肉の量が減少し、機能が低下した状態。筋肉量が一定以下まで低下すると、日常生活の動作が制限されるようになり、寝たきりや転倒骨折などを起こすリスクが非常に高まる。

 研究チームは、医療現場で用いられる超音波断層装置により、太ももの横断画像を撮影しコンピュータで画像分析、筋肉内の霜降り度合いを数値化。得られた画像から、筋肉の厚さ(筋量の指標)、皮下脂肪の厚さ(脂肪量の指標)も同時に計測した。

 さらに運動機能として、「上体起こし測定」「床立上がり測定」「椅子座り立ち測定」「5m最大速度歩行測定」「6分間歩行距離」の測定を行った。その他、身体組成計を用いて、全身の体脂肪量、体脂肪率、筋肉量、筋肉率を推定した。

 その結果、「脂肪筋」が増えている人では、男女ともに筋肉が減少しており(男性 r=-0.734、女性 r=-0.565)、筋肉の霜降り状態が進んでいることが分かった。
「椅子座り立ち」運動が衰えたら要注意
 女性では「脂肪筋」と皮下脂肪の厚さが関連していたが、男性では相関関係はみられなかった。脂肪組織が体に蓄積していくパターンは、男性と女性では異なることが示唆された。

 さらに「脂肪筋」ともっとも関連の深い指標を調べたところ、男性では、(1)太ももの筋肉の厚さ、(2)椅子座り立ち測定、(3)年齢が、女性では、(1)太ももの筋肉の厚さ、(2)椅子座り立ち測定が、「脂肪筋」を予測できる関係因子であることが明らかになった。

 筋肉内に蓄積する「脂肪筋」はサルコペニアと密接に関係しており、「脂肪筋」は運動機能との間にもマイナスの関係があることが示された。

 また、加齢が「脂肪筋」に与える影響については、高齢男性と高齢女性では異なることも示唆された。

 加齢に伴い筋肉の量が減少しサルコペニアの危険性が高まるが、同時に筋肉の中に脂肪が蓄積し、量的な変化だけでなく筋肉の「質的な変化」も生じているという。また、加齢に伴う筋肉の質的変化の影響は男性で特に大きいという。

 さらに、この筋肉の中に蓄積した脂肪は、高齢男性と女性ともに運動機能にも影響することが分かった。定期的な運動が、筋肉量と運動機能の低下を軽減し、同時に「脂肪筋」の蓄積を抑制するという。

 「脂肪筋の多い高齢者は、将来的にサルコペニアなどに陥る可能性が高い。患者に運動や食事の指導をするときは、筋肉の量的指標だけでなく、質的な指標についても十分に考慮する必要がある」と、研究者は述べている。

名古屋大学総合保健体育科学センター
Relationship between quadriceps echo intensity and functional and morphological characteristics in older men and women(Archives of Gerontology and Geriatrics 2017年1月14日)
[Terahata]

関連トピック

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート