一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

【健やか21】健やか親子21フォトコンテスト2016 大賞発表

キーワード: 「多接」活動的な生活 女性の健康


最優秀賞「紅葉キレイ」
(北海道 40歳 女性)
 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップ。

健やか親子21フォトコンテスト2016
大賞発表!!

 お子さまやご家族の写真を、たくさんご応募いただき誠にありがとうございました。 微笑ましさや愛らしさが伝わるすばらしい写真が多く、健やかに育ちゆくお子さまや、それを温かく見守るご家族の姿ががとても印象的でした。

 日本中の子どもたちが健やかに育つ社会を目指して、今後とも、この「健やか親子21」の取組にご支援賜りますようよろしくお願いいたします。

健やか親子21フォトコンテスト 審査委員一同

べストスマイル賞、お昼寝賞などの作品もチェック

他にも学校保健・母子保健に関する最新情報多数!!!

最新トピックス(2017年3月16日更新)


    ・報道発表 「マタニティマークは3月10日で11周年を迎えます。」マタニティマーク ファクトクックの掲載について(厚生労働省)
    ・報道発表「風しんの予防啓発で、クリス・ハート氏とコラボレーションします~2回目のワクチン接種を忘れないよう注意を促すポスターなどを作成~」の掲載について(厚生労働省)
    ・平成28年における少年非行、児童虐待及び児童の性的搾取等の状況公表について(警察庁)
    ・子ども・子育て支援新制度の自治体向けFAQ(よくある質問)第15版掲載について(内閣府)
    ・子供の貧困対策 マッチング・フォーラム(横浜開催)の資料掲載について(内閣府)
    ・子ども安全メール「抱っこひもからお子さんが転落!」の掲載について(消費者庁)
    ・赤ちゃん&子育てインフォ「インターネット相談室」今月のQ&Aの更新について(母子衛生研究会)
    ・情報誌「学校安全ナビ29号」の発行について(日本スポーツ振興センター)
    ・教材カード3月号「登下校中のけがに注意しよう!」の掲載について(日本スポーツ振興センター)

    ※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
トピックス一覧

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「多接」活動的な生活

2017年03月22日
【健やか21】健やか親子21フォトコンテスト2016 大賞発表
2017年02月28日
「笑い」を医学的に検証 「笑い」のストレスマネジメント開発も
2017年02月07日
子供の力で高齢者の孤立を防ぐ「ほっこりふれあい食事プロジェクト」
2017年01月27日
「生活不活発病」が熊本地震でも注目 「社会参加」「生きがい」で予防
2016年11月16日
「東京OSEKKAI化計画」で児童虐待防止(東京都)

テーマ ▶ 女性の健康

2017年03月22日
【健やか21】健やか親子21フォトコンテスト2016 大賞発表
2017年03月09日
女性に多い「鉄欠乏性貧血」 女性の半数は鉄欠乏の「隠れ貧血」
2017年01月27日
【健やか親子21】ぎゅっとぼうさい博!2017開催(文部科学省)
2017年01月19日
子宮頸がんワクチンは危険? 女子10万人に20人「非接種でも同様の症状」
2017年01月19日
納豆はスーパーフード 脳卒中、虚血性心疾患の死亡リスクが低下
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。