一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム がん 健診・保健指導

 世界人口のおよそ3分の1に相当する22億人の成人と小児で、肥満や過体重に関連する健康上の障害が起こるおそれがあり、死亡率も高まっていることが、新しい研究で明らかになった。
世界の3人に1人が肥満か過体重
 1980~2015年に195の国と地域を対象に行われた今回の研究は、133ヵ国の2,300人以上の研究者が参加して行われている「世界の疾病負担研究」(GBD)のデータにもとづいている。

 詳細は、よりよい健康で持続可能な食糧システムの構築を目指す「EAT ストックホルム フード フォーラム」で発表され、医学誌「ニューイングランド ジャーナル オブ メディスン」に掲載された。

 「世界の3人に1人が肥満と過体重です。肥満の増加は、私たちが直ちに向き合わなければならない公衆衛生上の問題となっています」と、ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)のグローバルヘルス准教授であるアシュカン アフシン氏は述べている。

 「体重を適正にコントロールすることは、心臓病、2型糖尿病、がんなどの、命をおびやかす病気の危険性を遠ざけることにつながります。肥満や過体重を指摘されたら、食事や運動などで対策して、体重をコントロールすることを考えるべきです」と、アフシン氏は指摘している。
過体重の成人や子どもの数は22億人
 研究では、世界中で特にBMI(肥満指数)が25以上の過体重が増えていることが示された。欧米ではBMIが30以上であると肥満と判定される。

 過体重の成人や子どもの数は、全世界で2015年の時点で約22億人に上り、全人口の30%を占めている。また、全世界のBMIが30以上の肥満の人口は、小児で1億770万人、成人で6億370万人に上る。

 肥満率は1980年以降、70ヵ国で2倍に増えており、それ以外の国や地域でも継続的に増えている。小児の肥満率は成人よりも低いが、多くの国で小児肥満の増加率は成人よりも大きい。

 2015年には、肥満が関連する疾患により400万人が死亡し、全死因の7.1%を占めている。

 肥満や過体重が原因で死亡した人の約40%はBMIが肥満の閾値を下回っており、健康診断などで「肥満」と判定されず、適切な保健指導を受けていないという。

 肥満や過体重は、結腸直腸がん、肝臓がん、胆嚢がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、腎臓がん、甲状腺がんの危険性を上昇させることも示された。
今後10年間で取り組むべき栄養指導の目標
 成人の肥満人口が最も多いのは米国で7,940万人、次いで中国が5,730万人に上る。

 人口の多い20ヵ国のうち、若者と小児の肥満率は、米国(13%)のような先進国で上昇しているが、途上国でも増えている。小児の肥満人口は、中国で1,530万人、インドで1,440万人に上る。

 国際連合が5月に発表した「今後10年間の栄養計画」では、2016~2025年に優先的に取り組む課題として、飢餓の根絶、栄養失調や栄養欠乏の撲滅に並んで、肥満や過体重の減少が目標に掲げられている。

 世界保健機関(WHO)は、今後10年間で取り組むべき栄養指導の目標として次の3つを掲げている。
1. 肥満の成人の増加を抑える(現状は成人の20.8%が肥満)
2. 成人の高カロリー飲料の消費を30%以上減らす
3. 野菜と果物を食べる成人の人口を17.8%増やす
肥満や過体重への対策はますます重要
 「肥満や過体重への対策は、世界の公衆衛生でますます重要になっています」と、IHMEのディレクターのクリストファー マレー氏は言う。

 国際連合食糧農業機関(FAO)とIHMEの間で、専門家が情報を交換し合い、肥満や過体重の「世界的な流行」について、世界規模で理解を深め対策していくことが必要だとしている。

 「今後10年間で、過体重や肥満への国ごとの対策について注目し、それを促すようFAOとも緊密に協力していく予定です。保健指導者、科学者、政策立案者などのステークホルダーと情報を交換し、科学的根拠にもとづいて過体重や肥満への効果的な対策を共有することを計画しています」と、マレー氏は言う。

New study finds more than 2 billion people overweight or obese(ワシントン大学保健指標評価研究所 2017年6月12日)
Health Effects of Overweight and Obesity in 195 Countries over 25 Years(ニューイングランド ジャーナル オブ メディスン 2017年6月12日)
United Nations Decade of Action on Nutrition(世界保健機関)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート