一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

歳を重ねると「大人むし歯」が増加 49%に「根元むし歯」

キーワード: 歯周病 健診・保健指導

 サンスターグループ オーラルケアカンパニーは、近年増加している大人のう蝕(むし歯)に着目し、「根面う蝕(根元むし歯)」の現状に関する調査結果を発表した。この研究成果は、第147回日本歯科保存学会2017年度秋季学術大会で発表された。
根面う蝕有病率と歯周病の関連を調査
 近年、高齢者のう蝕は残存歯数の増加に伴って増加し、歯と歯の間にできるう蝕のほかに、歯の治療を行った詰め物の隙間からう蝕が広がる「2次う蝕(再発むし歯)」や、歯周病や加齢などによって歯肉が退縮し、歯の根面が露出した部分に発生する「根面う蝕」が大きな課題となっている。

 年齢を重ねると、むし歯治療後の詰め物などと歯の間に歯垢(プラーク)がたまりやすくなり、「再発むし歯(二次う蝕)」が起こりやすくなる。また、歯周病などで歯茎が下がって露出した歯の根元(象牙質)に歯垢(プラーク)が付着すると「根元むし歯(根面う蝕)」が生じやすくなります。象牙質はエナメル質よりも酸に弱く、むし歯になりやすいためだ。

 これら「再発むし歯(二次う蝕)」と「根元むし歯(根面う蝕)」を、サンスターでは「大人むし歯」と呼んでいる。

 今回の研究は、根面う蝕有病率の現状に加え、根面う蝕重症度と歯周病重症度の関連性を調査することを目的に実施した。

 調査は、2016年11月から2017年1月の2か月間に、サンスター財団附属千里歯科診療所に通院し、カルテデータの使用に同意を得ている20代〜80代の男女298名を対象に行われた。

 サンスターは、調査対象者のカルテを千里歯科診療所の歯科医師が匿名化したうえでデータ抽出を行った資料の提供を受け、根面う蝕有病率、根面う蝕重症度と歯周病重症度の関連性を調査した。

 その結果、根面う蝕有病率は、全体の49.3%であり、30歳代の7.7%から年齢が高くなるにつれ増加し、80歳代が70.0%でもっとも高いという結果になった。また、根面う蝕有病部位の約90%に歯周病、もしくは歯周病既往歴が確認されたことから、歯周病により歯肉退縮が起こり、根面う蝕になるリスクは高いと考えられるという。

 その一方で、根面う蝕と歯周病の重症度については、50歳代以外では相関が見られなかったという。これらのことから、根面う蝕や歯周病が発症する前に、根面う蝕予防と歯周病予防を併せて実施することが最も需要であると結論付けている。
サンスター
「大人むし歯」セルフチェック(サンスター)

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)
2018年10月02日
保健指導リソースガイド「よろず相談センター」が誕生
2018年09月06日
糖尿病患者さんに向けて「血糖トレンド」啓発キャンペーンを始動/アボット ジャパン
2018年08月24日
【健やか21】第3回 食育活動表彰〜 平成31年度 〜」募集開始

疾患 ▶ 歯周病

2018年11月01日
歯周病を治療すると糖尿病のコントロールが改善 合併症リスクも低下
2018年08月02日
50歳代の6割が歯や口の中が「健康ではない」と回答 歯科医師会調査
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?
2017年11月24日
歳を重ねると「大人むし歯」が増加 49%に「根元むし歯」
2017年10月26日
歯磨きで口の中を清潔に保つことが腸の病気の予防につながる
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典