一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む

キーワード: 二少(少食・少酒) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 「少食」食事は腹7~8分目

 糖尿病有病者と予備群が増え続けている長野市は、食事は野菜から食べはじめ、毎食握りこぶし2つ分の野菜を摂るなど、糖尿病などの予防・改善をはかる「ながのベジライフ宣言」を発表した。
野菜を市民の健康に役立てるプロジェクト
 「ベジライフ宣言」の内容は、(1)食事のはじめは野菜から食べる(サキベジ)、(2)毎食握りこぶし2つ分の野菜を目安に、野菜を多く使った栄養バランスのとれた食事、(3)1口あたり30回よく噛んで味わい、食後に30分後に意識して体を動かす――の3項目。覚えやすいように「ハッピーかみんぐ1・2・30」という合言葉も作成した。

 長野県は、セロリ、レタス、エノキタケ、シメジ、リンゴ、ズッキーニ、エリンギなどで収穫量が全国トップになっており、多くの野菜の収穫量が全国で上位になっている。豊富な野菜を市民の健康に役立ててもらおうという考えだ。

 野菜から食べ始め、よく噛むことで食後の血糖値の上昇が緩やかになり、2型糖尿病や肥満の予防・改善につながる。市は今後、企業や自治会、学校などへの出前講座を通じて周知をはかる。

糖尿病対策は社会保障を安定化するために必要
 長野市によると、2013年の市民の健康寿命は男性が80.16歳、女性が84.86歳。全国のそれぞれ78.72歳、83.37歳よりも長い。

 一方で、糖尿病の可能性を否定できない人の割合は50歳代で13.3%、60歳代で20.7%、70歳以上で21.8%、全国のそれぞれ9.8%、15.8%、19.0%よりも高い。

 糖尿病リスクの高い糖尿病予備群の割合も、50歳代で41.1%、60歳代で43.2%、70歳以上で41.5%、全国のそれぞれ38.5%、37.8%、39.5%よりも高い。

 特定健診でも、過去1〜2ヵ月の血糖の状態を反映するHbA1cが5.6%以上の人は、全体の6割を占めるという。

 市保健所健康課では、「長野市民の健康寿命は全国よりも長いが、糖尿病有病者と予備群は多い傾向がある。糖尿病のある人は合併症の発症を予防していただき、予備群には糖尿病の発症を防ぐことが大切。社会保障を安定化するために、糖尿病対策には優先して取り組む必要がある」と話している。

 2016年の市内の人工透析患者は5年前より30人多い251人。そのうち糖尿病患者は129人で半数近くを占め、5年間で28人増えている。人工透析には高額の医療費がかかり、市の財政を圧迫している。
子供の頃からの生活習慣の重要性を啓発
 「ながの健やかプラン21」では「糖尿病腎症による新規透析導入患者数の減少」「治療継続者の割合の増加」「血糖コントロールが不良な人を減らす」などの目標を掲げている。

 特に力を入れるのは、子供の頃から食習慣や運動習慣などの重要性について普及啓発を行い、実践するための動機付けを強化することだという。成人対象には、特定健診と特定保健指導の実施率の向上をはかる。

 「多くの皆さんに宣言の趣旨が浸透するよう啓発活動に力を入れるなど、市民の健康保持・増進に向けた、さまざまな事業を積極的に展開していきたい」と、加藤久雄・長野市長は述べている。
ながのベジライフ宣言(長野市)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート