一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

体重コントロールを成功させるシンプルな方法 必要なことは1つだけ

キーワード: セルフケア 健診・保健指導 身体活動・運動不足

 体重をコントロールするために必要なことは、流行しているダイエット法に飛びつくことではなく、自己観察と規則正しい食事スタイルを続けることだという研究を、フィンランドのヘルシンキ大学が発表した。
ダイエットは失敗するものだと思った方が良い
 ヘルシンキ大学の研究チームは、1975〜79年に生まれた平均24歳の男性2,227人と女性2,452人を対象に、10年以上追跡調査を行い、生活スタイルと社会的背景と体重の変化との関連を調査した。

 「多くの人は、加齢に伴う体重増加に頭を悩ませています。食事や運動によってコントロールしようと試みますが、短期的にはうまくいっても、長期的には失敗することの方が多いのです」と、ヘルシンキ大学の栄養セラピストであるウア カーキンナン氏は言う。

 研究の参加者のほとんどは、10年間に体重を増やした。24歳から34歳にかけて、体重を男性は平均して1.0kg、女性は0.9kg増やした。減量に成功したのは男性ではたった3.8%、女性では7.5%だった。

 男女とも体重コントロールに影響しやすいのは、食事スタイルと運動を定期的に行う習慣だった。

 男性では、体重を増やしやすい要因は、不規則な食生活、ダイエットの失敗経験、研究開始時にすでに体重が多いこと、教育歴が短いことなどだった。

 女性では、2人以上の子どもがいること、高カロリーの食品の摂取や間食、生活満足度が低いことなどが、体重増加と関連があった。

関連情報
体重減少に必須なのは毎日の食生活を客観的にみること
 「体重増加を効果的に防止するために、体重コントロールの基本に立ち返る必要があります」と、カーキンナン氏は言う。

 食事のエネルギー摂取量が身体活動量を上回っていると、体重は増える。そのため食事ガイドイランのほとんどは、体重が増えるのを防ぐために、食事の量を適正に管理し、運動の量を増やすことを推奨している。

 健康的な食生活と運動が基本であることには間違いはない。しかし、今回の長期にわたるポピュレーション研究によると、体重コントロールを成功させるためにより重要なことは、毎日の食生活をよく観察し、食べ過ぎにつながる習慣を徐々に変えていく工夫を長期にわたり維持することだという。

 自分の生活スタイルを見直し、何が体重増加につながっているかに気付くことが、ダイエットの成功につながる。食事日誌などをつけるとさらに効果的だ。
体重コントロールの解決策は共通している
 体重コントロールに成功した例を示した研究で得られた知見の多くは、短期間に減量に成功して適正体重に戻しても、それを長期にわたって維持するのは難しいことを示している。

 「多くの人は体重をコントロールするために論理的に適正な解決策があると考えますが、実際には長期的にみると、体重増加や食事の問題でつまづいて悩んでいる人には共通点があります」と、カーキンナン氏は言う。

 体重コントロールがうまくいかなくなる要因は、短期的と長期的にあらわれ、部分的にジェンダーによって異なるが、大まかな戦略は男女に共通だという。

 体重コントロールに成功する秘訣は、自身の生活スタイルをありのままに観察し、何が体重増加を促しているかという原因を見極めることだ。

 原因が分かったら、短期間に解決するのではなく、長期的な視野をもって、実現可能な範囲内で少しずつ改善していくことが成功に結びつく。
規則正しい食事スタイルを身につけるための近道
 メディアで「効果的」と謳われているダイエット法の多くは、長期にわたり実行するのが難しいものがある。

 「低炭水化物ダイエット」「ケトン体ダイエット」「地中海式ダイエット」「超低カロリーダイエット」など、さまざまなダイエットが流行したが、一時的に体重を減らすことはできても、それを維持するのが難しいという現状が浮かび上がった。

 「食事は続けられることが大切です。体重コントロールに成功した人は、毎日の食事で何が体重増加につながるのかを見極めて、それを改善できた人です。一言でいうと、"規則正しい食事スタイル"を続けることが成功するための近道なのです」と、カーキンナン氏はアドバイスしている。

 ほぼすべての成人は、体重をコントロールするたけに、なんらかのダイエットに取り組んでいる。フィンランド保健福祉研究所の調査によると、人口が550万人のフィンランドで、年間100万人が食事療法を行っているという。

 「体重コントロールを成功させる秘訣は、個人の生活スタイルの違いに着目することです。視野を広くもって理解することが、より良い生活を実現するために、利益をもたらします」と、カーキンナン氏はアドバイスしている。

Searching for long-term suc­cess in weight management? Forget dieting and eat regularly(ヘルシンキ大学 2018年3月20日)
Successful weight maintainers among young adults--A ten-year prospective population study(Eating Behaviors 2018年4月)
[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

テーマ ▶ セルフケア

2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2019年09月12日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年08月23日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年07月31日
「口から食べる」ことが健康維持に役立つ よく噛むとホルモン分泌が増える
2019年06月24日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート