一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

甘いものを食べるなら日中の活動時間を選ぶとメタボになりにくい

キーワード: 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 肥満症/メタボリックシンドローム 「多動」身体を活発に動かす

 糖質の摂り過ぎはメタボリックシンドロームの原因になる。しかし、糖質を摂取する時間帯を日中の活動時間帯に調整すれば、糖質がエネルギーとして利用されやすくなり、過剰摂取によって起こる脂肪肝や高中性脂肪などの脂質代謝異常、メタボリックシンドロームを抑えられる可能性があるという研究を名古屋大学が発表した。
糖質は日中の活動時間帯に摂ると悪影響を抑えられる
 糖質を摂り過ぎるとメタボリックシンドロームを発症しやすくなるが、摂取するタイミングを日中の活動している時間帯に限ると、肝臓に中性脂肪がたまる「脂肪肝」と、動脈硬化の原因になる「高中性脂肪」が改善することが、名古屋大学の研究で明らかになった。

 研究は、名古屋大学大学院生命農学研究科の小田裕昭准教授を中心とする研究グループによるもので、米国科学雑誌「PLOS ONE」電子版に掲載された。

関連情報
糖質の甘味には習慣性がある
 これまで、メタボリックシンドロームは、食べ過ぎ(エネルギーの摂り過ぎ)や運動不足、動物性食品に含まれる飽和脂肪酸の過剰摂取などが原因と考えられてきたが、最近では、「果糖ブドウ糖液糖」などの糖質を含む清涼飲料やお菓子などの食べ過ぎも原因であることが明らかになっている。

 ジュースやコーラなどに使われている果糖ブドウ糖液糖は「異性化糖」とも呼ばれ、デンプンを加水分解してグルコースに変えて、そのおよそ半分をフルクトースに異性化させ作られる。安価に大量生産でき甘味が強いので、さまざまな食品に使われている。

 糖質の摂り過ぎがもたらす危険性の多くは、異性化糖などを構成するフルクトース(果糖)が原因であることが分かっている。こうした糖質は高カロリーで、その甘味には習慣性があり、完全に抑えるのは難しい。

 世界保健機関(WHO)は、糖質による健康被害を抑えるため、1日のエネルギー摂取量の5%未満に抑えることを奨励するガイドイランを2015年に発表した。これは砂糖に換算すると1日小さじ6杯分程度(約24g)に相当する。
「時間栄養学」に着目 食事が体内時計を調整
 メタボリックシンドロームは、「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、複数の病気や異常が重なっている状態をさす。腸のまわり、または腹腔内にたまる「内臓脂肪の蓄積」によって、高血圧や2型糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の重なりが起こっている状態だ。

 メタボリックシンドロームの基盤となるのは、血糖を下げるインスリンの効きが悪くなる「インスリン抵抗性」であることが知られている。日本人は体質的に、痩せていてもこのインスリン抵抗性が起こりやすい。この状態は、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させてしまう。

 研究グループは今回の研究で「時間栄養学」に着目した。時間栄養学とは、「何を、どれだけ」食べるかということに加え、「いつ食べるか」を考慮した新しい栄養学。食事は体内時計のもっとも強い同調因子として働いていると考えられている。

 研究グループは、食べる量を制限するのではなく、食べるタイミングを調整することで、メタボリックシンドロームを改善できるのではないかと考えた。
日中の活動時間帯に摂ると脂肪肝が改善
 具体的には、夜行性のラットを用いて、人間なら日中の活動時間帯に当たる夜間にだけ餌を食べるグループと、時間にかかわらず食べるグループに分けて実験した。糖質やデンプンを4週間与えた後、肝臓の脂肪量などを調べた。

 その結果、活動時間帯に糖質を与えられたグループでは、肝臓1gに含まれる脂肪は平均で約69mgだったが、時間調整のないグループは約85mgと多かった。血液中の中性脂肪の量も、時間調整のないグループの方が、夜間にだけ与えられたグループの約1.2倍多かった。
糖質を抑えるのはなかなか難しい
 研究グループはこれまで、昼夜を問わず、四六時中食べていると、主に悪玉のLDLコレステロールが増加し「高コレステロール血症」が起きることを報告している。逆に、メリハリのある摂取法として、主に日中に限って食事をする「時間制限摂取」をすることで、高脂肪食による肥満などを改善できると考えられる。

 逆に糖質を夜間など活動時間外に摂ってしまうと、脂肪肝や脂質異常症を引き起こし、肥満やメタボになりやすくなるおそれがある。

 「甘味は特別な魅力があり、一種の習慣性があります。糖質を控えなければいけないことは理解していても、糖質摂取を抑えるのはなかなか難しい。もちろん、糖質の悪影響を避けるため、摂取量を抑えることも重要ですが、甘いものを食べるのは日中の活動時間帯だけに調整することで、糖質の取りすぎの悪影響をある程度抑制できる可能性があります」と、研究グループは述べている。

 「今回の研究で、肝臓脂質代謝のリズムには振幅があり、摂食時間を日中の活動時間帯だけに調整することで、脂質代謝異常を改善できることが分かりました。時間栄養学の観点から、糖質の過剰摂取によるメタボリックシンドロームを予防するために、時間制限摂取が効果的と考えられます」としている。

名古屋大学大学院生命農学研究科
Time-restricted feeding suppresses excess sucrose-induced plasma and liver lipid accumulation in rats(PLOS ONE 2018年8月15日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大

 ▶ 一無・二少・三多

2021年02月01日
「全国生活習慣病予防月間2021」がスタートしました!
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート