一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

糖尿病患者向けアプリ「スマートヘルス」から「シンクヘルス」へ

キーワード: 糖尿病

 H2株式会社が提供している血糖値管理アプリのアプリ名が「スマートヘルス」から「シンクヘルス」に変更された。同アプリは世界で26万人が利用しており、世界最大の健康情報ネットワークHealthlineにより2017年、2018年と2年続けて「糖尿病ベストアプリ」に選ばれている。
 シンクヘルスはH2株式会社が提供する糖尿病患者さんの血糖値だけでなく、血圧や体重、服薬、注射、食事、運動など多岐にわたった記録ができるスマートフォン用モバイルアプリ。

 今回のアプリ名の変更について、「ご家族、同朋の方々、先生、看護師、栄養士、ロボットなど、様々な存在とのつながりを強め、少しでも、糖尿病などの慢性疾患とうまくつきあっていくことができ、多くの方が少しでも健康になれるようなサービスを継続的に提供していく思いを込めてシンク(つながり:sync)ヘルスという名前にアプリ名を変更しました。」とH2社は説明する。

糖尿病ネットワークのコーナーをジャック、おいしい健康とのサービス連携
 9月からは糖尿病ネットワークのアプリ・ツールのコーナーを期間限定で「シンクヘルス」特集!また、株式会社おいしい健康が提供するレシピサービスとも連携が開始している。今後も様々な業種を問わず、様々なプロジェクト、サービスと連携、展開する予定となっている。

糖尿病患者さんをサポートするアプリは今回紹介した「シンクヘルス」以外にも多数リリースされ、その使いやすさ、機能も最適化してきている。以前利用していたアプリ含め、先ずはお試しでダウンロードしてみてはいかがだろうか。
(提供:H2株式会社)

関連情報
[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート