一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護

キーワード: 糖尿病 動脈硬化 心筋梗塞/狭心症 身体活動・運動不足

 骨格筋から出るホルモンが、心筋を保護し、心筋梗塞などの予防・治療を促進することが、名古屋大学の研究で明らかになった。
 ウォーキングなどの運動によって、このホルモンを増やすことができる。
なぜ運動をすると心臓病が改善するのか
 筋肉から出るホルモンが、心筋を保護し、心筋梗塞などの予防・治療を促進することが、名古屋大学の研究で明らかになった。

 心臓病は日本人の死亡原因の第2位で、心筋梗塞などの虚血性心疾患が代表的だ。

 とくに糖尿病のある人は、虚血性心疾患のリスクが1.8〜3倍に上昇するという報告がある。動脈硬化や虚血性心疾患を含む心血管病を予防し、重症化させないための対策が必要とされている。

 運動療法は心筋梗塞や狭心症を予防するために効果的で、1日30分程度のウォーキングなどの有酸素運動が勧められているが、運動の効果を分子レベルで解明した研究は少ない。

 一方で、骨格筋は腕や脚の筋肉、腹筋、背筋などで、体を支え、動かす役割を担っている。最近の研究で、骨格筋はホルモンを産生する内分泌臓器でもあることが分かってきた。

 骨格筋から分泌されるホルモンが、2型糖尿病などの代謝性疾患や心血管疾患の病態に関わることが明らかとなってきた。

関連情報
骨格筋から出るマイオネクチンが心臓を保護
マイオネクチンによる心保護作用
 研究チームは今回の研究で、「マイオネクチン」というホルモンに着目。マイオネクチンは、骨格筋から産生・分泌されるホルモンで、ウォーキングなどの持久力を高める有酸素運動によって増える。

 研究チームはマウスを用いて実験を行った。マイオネクチンを産生しないマウスでは、心臓の筋肉に血液が十分に行き渡らなくなる状態から、心臓の閉塞した血管を再び開通させても、心筋梗塞サイズの増加と心機能の低下がみられ、心筋組織内の細胞死と炎症反応の悪化もみられた。

 マウスにランニングマシーンで有酸素運動を行わせると、対照となったマイオネクチンを産生するマウスでは、血中マイオネクチン濃度は上昇し、心筋組織内の細胞死と炎症反応が抑えられ、心筋梗塞サイズが縮小した。

 一方、マイオネクチンを産生しないマウスでは、有酸素運動を行わせても、心筋虚血障害に対する保護効果は得られなかった。

 これらのことから、マイオネクチンには抗細胞死作用と抗炎症作用があり、心保護作用があることが分かった。さらに、有酸素運動によってマイオネクチンが血中に増え、心臓を保護する作用をすることも示された。
マイオネクチンは運動で増やせる
 マイオネクチンは骨格筋のみに多くあり、心筋組織にはほとんどない。心筋虚血の発症前にマイオネクチンを全身投与すると、投与しない群に比べ、心筋梗塞のサイズが縮小することも分かった。

 運動療法が心筋梗塞や狭心症を予防するメカニズムとして、骨格筋から分泌されるマイオネクチンが有酸素運動によって増加し、心筋組織に直接作用し、細胞死や炎症反応を抑制して虚血性心疾患に対して保護的に作用することが考えられる。

 研究チームは細胞実験も行った。培養心筋細胞にマイオネクチンを添加すると、低酸素/再酸素化刺激による細胞死が抑制された。また、炎症に深く関わる免疫細胞であるマクロファージについても、マイオネクチンは炎症性タンパク質の産生を抑制していた。
運動と同じ効果を発揮する薬の開発にも期待
 研究チームは、マイオネクチンが炎症や細胞死を制御する生理活性物質の分泌を増加させ、細胞内シグナルを活性化するからだと考えている。

 骨格筋でつくられるマイオネクチンを血中に増やせば、心臓を保護する作用を得られる。

 マイオネクチンは有酸素運動によって増える。ウォーキングなどの運動療法は、このホルモンの量を増加させ、働きを良くするためにも必要だ。

 マイオネクチンの体内でのより詳しい機能が分かれば、とくに有酸素運動によってコントロールされる虚血性心疾患をはじめとする心血管病の原因の解明につなげられる。

 また、心血管疾患を予防・治療する薬や、運動と同じ効果を発揮する薬を開発できる可能性がある。

 研究は、名古屋大学大学院医学系研究科分子循環器医学寄附講座の大内乗有・寄附講座教授、循環器内科学の室原豊明教授、大高直也氏らの研究チームによるもので、詳細は科学雑誌「Circulation Research」に掲載された。

名古屋大学大学院医学系研究科
Myonectin Is an Exercise-Induced Myokine that Protects the Heart from Ischemia-Reperfusion Injury(Circulation Research 2018年9月12日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

疾患 ▶ 動脈硬化

2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策
2020年09月11日
「緑茶」に肥満・心臓病・脳卒中・認知症の予防効果 お茶を飲むシンプルな生活スタイル
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート