一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討

キーワード: セルフケア 運動

 厚生労働省が2013年に策定した「健康づくりのための身体活動基準2013」で設定されている全身持久力の基準を6年間で3回以上達成していると、20年後に高血圧を発症するリスクが低下することが、東北大学の研究で明らかになった。
 ウォーキングやジョギングなどで全身持久力を高く保つことが効果的であることがあらためて示された。
高血圧による社会的負担は大きい
 高血圧の総患者数は2014年時点で1,010万人を超える。治療や管理では患者に負担がかかり、高血圧による社会的負担も大きい。高血圧を予防することが重要なポイントだ。

 全身持久力とは長時間、一定の強度の運動を続けることができる能力のこと。

 高血圧を予防するために、ウォーキングなどの運動によって全身持久力を高く保つことが有効だと考えられている。

 厚生労働省が2013年に策定した「健康づくりのための身体活動基準2013」では全身持久力の基準が示されているが、どの程度の全身持久力を、どのくらいの期間、高く保つ必要があるのかは不明だった。

関連情報
全身持久力の基準を達成すると高血圧リスクが21%低下
 そこで研究グループは、全身持久力を測定した男性を最大23年間追跡して、厚生労働省が「健康づくりのための身体活動基準2013」で設定している全身持久力の基準の達成回数によって、高血圧の発症リスクがどう異なるかを検討した。

 対象となったのは、追跡開始時点およびそれ以前に全身持久力を測定した高血圧ではない男性6,653人。

 その結果、追跡開始時に基準を達成していたグループは、達成していなかったグループと比較して、高血圧の発症リスクが21%ほど低下することが示された。

 また、追跡開始以前の6年間における基準達成回数(年に1回測定)を算出し、高血圧の発症リスクを比較した(0回〜7回)。

 基準の達成回数が多ければ多いほど、高血圧の発症リスクは低い値を示した。さらに、基準を達成した回数が3回以上になると、高血圧の発症リスクに明確な違いが認められるようになったという。
全身持久力は有酸素運動で高められる
 「全身持久力」体力を構成する要素のひとつで、持久力やスタミナなどと呼ばれている。ジョギングやウォーキング、サイクリングなどの有酸素運動によって高めることができる。新体力テストではシャトルランニングが全身持久力の測定項目となっている。

 「『健康づくりのための身体活動基準2013』を運動指導に役立てるのは効果的だ。この基準でで定められている全身持久力の基準を継続的に達成することが高血圧の予防につながる。具体的には、6年間で3回程度達成するのが目安となる」と、研究グループは述べている。

 研究では、高血圧などの生活習慣病を予防するために、運動で全身持久力を向上させることが有効なことがあらためて確かめられた。保健指導などの現場で役立つ重要な成果だ。

 研究は、東北大学大学院医学系研究科の門間陽樹講師と同大学院医工学研究の永富良一教授(兼・大学院医学系研究科)が、東京ガスおよび医薬基盤・健康・栄養研究所と共同で行ったもの。詳細は医学誌「Journal of Hypertension」(電子版)に掲載された。

東北大学大学院医学系研究科
健康づくりのための身体活動基準2013(厚生労働省)
Frequency of achieving a 'fit' cardiorespiratory fitness level and hypertension: a cohort study(Journal of Hypertension 2018年9月17日)

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ セルフケア

2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
2018年12月27日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 糖尿病リスクを朝型生活で低下
2018年12月20日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測
2018年12月13日
手軽な運動で糖尿病を改善 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年11月29日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決

テーマ ▶ 運動

2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
2018年12月27日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 糖尿病リスクを朝型生活で低下
2018年12月13日
手軽な運動で糖尿病を改善 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年11月29日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決
全国生活習慣病予防月間2019少酒
糖とカロリーのお役立ちTips
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典