一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

長寿国ランキング 日本は2040年に2位に転落 社会格差が課題に

キーワード: 糖尿病 COPD(慢性閉塞性肺疾患) がん セルフケア

 世界長寿国ランキングで2040年までに日本は2位に転落し、スペインがトップになるという予測結果が発表された。
生活習慣改善により予防できるNCD
 研究は、ワシントン大学健康指標評価研究所(IHME)によるもので、医学誌「ランセット」に発表された。

 WHO(世界保健機関)は、がん・糖尿病・循環器疾患・呼吸器疾患など、生活習慣の改善により予防・改善が可能な疾患をまとめて「非感染性疾患(NCD)」として位置付けている。これらは、不健康な食事や運動不足、喫煙、過度の飲酒などの原因が共通している。

 現在の早期の死亡の原因になる疾患のトップ10は、(1)虚血性心疾患、(2)脳卒中、(3)COPD、(5)アルツハイマー病、(4)慢性腎臓病、(5)下気道感染症、(6)肺がん、(7)下痢症、(8)糖尿病、(9)交通事故、(10)結核。

 NCDが占める数はトップ10のうち4つだが、2040年には8つに増えると予測されている。新たに高血圧性心疾患、肝臓がんなどが上位に入ってくる。

関連情報
長寿国ランキング 日本は2040年に2位に転落
 高血圧、高血糖、肥満、喫煙、アルコール、大気汚染などの改善に取り組むことが健康に大きな影響をもたらす。

 たとえば中国は、2016年の平均寿命は76.3歳(68位)だが、現在の健康トレンドが続くと寿命は5.6年延び、2040年には81.9歳(39位)に改善する。

 それとは反対に、米国の2016年の平均寿命は78.7歳(43位)だが、2040年に寿命は1.1年延びるものの、80.8歳(64位)と順位を落とす。

 英国は、2016年の80.8歳(26位)から2040年83.3歳(23位)へと順位が少し上がる。

 日本は2016年の長寿国ランキングでトップ(平均寿命83.7歳)だが、2040年にはスペインが85.8歳に迫って日本を抜き、日本は2位に転落する見通しだ。
健康の未来は変えられる
 各国の健康の未来は決められたものではなく、健康増進を阻むリスク要因、教育水準、1人当たりの収入などの条件によっても変わっていく。

 「各国の保健政策がどれだけ健康増進のために有効に機能できるかで、20年後の予想は変わっていきます。良いシナリオがあれば進展し、悪いシナリオであれば停滞します。保健政策をどれだけ充実させるかで未来は変えられるのです」と、ワシントン大学健康指標評価研究所(IHME)のクリストファー マレー所長は言う。

 マレー所長によると、健康増進のために改善が必要なトップ5項目は、(1)高血圧、(2)喫煙、(3)高血糖、(4)BMI(体格指数)、(5)アルコールだ。

 また6番目に、中国だけで年間100万人の命を奪っていると専門家が指摘している大気汚染が挙げられている。

 食事の改善と肥満の減少、喫煙率の低下は、各国の保健政策がすぐに取り掛からなければならない課題だ。「スペインは食事と肥満に関して優れています。一方、日本は医療制度が優れていますが、喫煙率が高く、男性の肥満率も上昇しています」という。
社会格差が健康を左右する
 2040年に平均寿命が長いと予測される国のランキングは以下の通り。

(1)スペイン(2016年の平均寿命 82.9歳→2040年の平均寿命 85.8歳)
(2)日本(同83.7歳→同85.7歳)
(3)シンガポール(同83.3歳→同85.4歳)
(4)スイス(同83.3歳→同85.2歳)
(5)ポルトガル(同81.0歳→同84.5歳)
(6)イタリア(同82.3歳→同84.5歳)
(7)イスラエル(同82.1歳→同84.4歳)
(8)フランス(同82.3歳→同84.3歳)
(9)ルクセンブルク(同82.2歳→同84.1歳)
(10)オーストラリア(同82.5歳→同84.1歳)

 現在よりもランクが下がる国は、カナダ(17位→27位)、ノルウェー(12位→20位)、オーストラリア(5位→10位)、メキシコ(69位→87位)、台湾(35位→42位)などだ。

 収入や教育年数などの格差も健康を左右する大きな要因になる。これらの格差の大きい国では、平均寿命も伸び悩む傾向があるという。

 「多くの国で社会格差の拡大は問題になっています。低い所得しか得られないで、教育もあまり受けられないと、寿命を延ばすことができません。こうした格差は依然として残るでしょう」と、マレー所長は言う。

 「2040年までに各国の平均寿命の差が予測よりも縮まり、不平等が改善されることを期待しています」としている。

New health forecasting study: In 'worse' scenario, half of all nations could face lower life expectancies(Institute for Health Metrics and Evaluation 2018年10月16日)
Forecasting life expectancy, years of life lost, and all-cause and cause-specific mortality for 250 causes of death: reference and alternative scenarios for 2016-40 for 195 countries and territories(Lancet 2018年10月16日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

テーマ ▶ セルフケア

2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2019年09月12日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年08月23日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年07月31日
「口から食べる」ことが健康維持に役立つ よく噛むとホルモン分泌が増える
2019年06月24日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」

疾患 ▶ COPD(慢性閉塞性肺疾患)

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年11月06日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新
2020年10月12日
【新型コロナ】電子タバコを吸う若者でCOVID-19の感染リスクが5〜7倍に上昇
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート