一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

糖尿病の治療薬が「アルツハイマー病」のリスクを減らす 脳の血管を保護

キーワード: 糖尿病 認知症

 糖尿病の治療薬により、アルツハイマーの進行を抑えられる可能性があることが、米国の研究で明らかになった。メトホルミンやインスリンが、脳の血管がダメージを受けるのを防ぎ、認知障害が進行するのを抑えるという。
糖尿病のある人ではアルツハイマー病のリスクが上昇
 糖尿病治療薬で治療を受けているアルツハイマー病患者は、糖尿病の治療を受けていないアルツハイマー病患者に比べ、脳の微小血管および遺伝子発現の異常が抑えられていることが、米国のマウントシナイ医科大学の研究で明らかになった。

 メトホルミンやインスリンなどの糖尿病治療薬が、脳組織と脳の血管を覆う内皮細胞の両方を保護して、アルツハイマー病により脳の毛細血管がダメージを受けるのを抑えている可能性がある。

 アルツハイマー病は、記憶を司る脳の海馬の周辺から萎縮が始まる病気で、最初に物忘れが起こるのが特徴だ。進行するにつれて脳全体が萎縮して、認知機能全体が徐々に低下していく。

 アルツハイマー病は進行性の病気で、現在はまだ治療によって根本的に治すことができない。アルツハイマー病の初期段階は軽度認知障害といい、この段階では日常生活にほぼ支障はないが、進行すると記憶や思考能力が障害され、日常生活に支障が出る認知症になる。

 糖尿病はアルツハイマー病の危険因子だ。糖尿病のある人ではそうでない人に比べ、アルツハイマー病や血管性認知症の発症リスクが2〜4倍に上昇することが、日本人を対象とした調査でも示されている。

関連情報
糖尿病の治療を続ければアルツハイマー病のリスクは低下
 研究チームは、アルツハイマー病と糖尿病を併発して、療法の治療を受けている患者34人と、アルツハイマー病を発症したが糖尿病ではない患者19人の脳を調べた。

 2型糖尿病の治療を受けている患者の大部分は、メトホルミンあるいはインスリンで血糖値をコントロールしていた。

 その結果、糖尿病の治療薬で治療を受けている患者では、そうでない患者に比べ、脳の細小血管の状態が良好であることが分かった。

 「アルツハイマー病を発症した患者の多くで、脳の毛細血管の内皮細胞に遺伝子発現の異常がみられます。メトホルミンやインスリンで治療を受けている患者では、これらの異常の数がはるかに少ないか、その規模が縮小していることが分かりました」と、ヴァラム ハルチュニアン教授(精神科・神経科学科)は言う。

 アルツハイマー病の病因について分かっていないことも多いが、神経細胞毒性の強いタンパク質が神経細胞に沈着し、細胞にダメージを与えるこで引き起こされると考えられている。

 毒性の強いタンパク質が凝集してアミロイド斑として沈着することで、神経細胞がダメージを受ける。このアミロイド斑の抗原や抗体をつくる治療の開発が進められているが、ほとんどが成功していない。

 研究チームは、血管と脳組織を別々に検査して、アルツハイマー病が脳の毛細血管細胞およびインスリンシグナル伝達にどのような変化をもたらすかを調べるために、脳の分子RNAマーカーの変化を調べた。

 その結果、糖尿病治療薬を用いていたアルツハイマー病患者では、脳組織と脳血管のマーカーの半分が減少し、RNAの変化がほとんどみられないことが判明した。
糖尿病治療薬に脳の血管を保護する作用が
 「糖尿病の治療薬を用いていたアルツハイマー患者では脳の病変が少ないことが分かりました。糖尿病治療薬に脳の血管を保護する作用があり、脳への血液の供給を助けている可能性があります。糖尿病だけでなく、アルツハイマー病の新たな治療法につながる発見です」と、ハルチュニアン教授は言う。

 ハルチュニアン教授によると、糖尿病患者はアルツハイマー病を発症する危険性が高く、またアルツハイマー病の多くが2型糖尿病を併発しているという。

 世界の約5,000万人が認知症で、約1,000万が毎年認知症を発症している。認知症でもっとも多くみられる病型がアルツハイマー病で、60〜70%がアルツハイマー病だとみられている。

 アルツハイマー病の原因のひとつは、脳でインスリン抵抗性が起こることだと考えられている。アルツハイマー病による認知能力の低下を遅らせるために、インスリン療法を積極的に行う治療法も試されている。アメリカ国立老化研究所は、鼻スプレーでインスリンを投与する治療の臨床試験を行っている。

 「今回の研究は、2型糖尿病を発症していないアルツハイマー病患者が糖尿病の治療薬を服用をするべきであることを意味しているわけではありません。しかし、糖尿病患者だけでなく、アルツハイマー病患者にも新たな希望を抱かせるものです」と、ハルチュニアン教授は指摘している。

Diabetes Medications May Reduce Alzheimer’s Disease Severity(マウントサイナイ医科大学 2018年11月1日)
Parahippocampal gyrus expression of endothelial and insulin receptor signaling pathway genes is modulated by Alzheimer’s disease and normalized by treatment with anti-diabetic agents(PLOS One 2018年11月1日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 認知症

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
腸内フローラが「睡眠の質」に影響 腸内環境と脳は相互に作用 食事で睡眠を改善できる可能性
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート