一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病とともに生きる人と家族を支援

キーワード: 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 糖尿病 三多(多動・多休・多接)

世界糖尿病デー
 「世界糖尿病デー」が、国際糖尿病連合(IDF)が中心となり、11月14日に開催される。160ヵ国以上の230以上の糖尿病協会なとが参加し、10億人以上の糖尿病患者や医療従事者などが、世界糖尿病デーに参加している。
 世界糖尿病デーの2018年のテーマは「家族と糖尿病(Family and Diabetes)」だ。
11月14日は「世界糖尿病デー」
今年のテーマは「家族と糖尿病」
 世界糖尿病デーは、糖尿病の脅威が世界的に拡大しているのを受け、世界規模で糖尿病に対する注意を喚起しようと、IDFと世界保健機関(WHO)によって1991年に開始され、2006年には国連の公式の日になった。

 11月14日は、1922年にチャールズ ベストとともにインスリンを発見したフレデリック バンティングの誕生日にあたる。インスリンの発見により、糖尿病治療は飛躍的な進歩をとげた。

 世界糖尿病デーの2018年のテーマは「家族と糖尿病(Family and Diabetes)」だ。

 世界糖尿病デーのシンボルである「ブルーサークル」は、世界的に増加を続ける糖尿病に対する認知を拡大し、一致団結して対策を進める必要性を呼び掛けるために掲げられる。

 日本でも、日本糖尿病学会、日本糖尿病協会が中心となり「世界糖尿病デー実行委員会」を設立、さまざまな活動を展開している。

関連情報

●すべての家族が糖尿病に関わっている

 IDFは「家族と糖尿病」というテーマで、2年間のキャンペーンを計画している。開発やプロモーション、参加の呼びかけを世界規模で実施する。とくに重視しているのは、▼糖尿病が患者だけでなく、家族にも影響を与えることを理解し、支援のためのネットワークを整備することと、▼糖尿病のマネージメント、治療、予防、教育などで、 家族が果たす役割を促進することだ。

 糖尿病とともに生きる人々は現在、世界に4億2,500万人以上いる。そのうち2型糖尿病の多くは、栄養バランスのとれた健康的な食事、運動の習慣化、健康的な生活環境を促進することで予防が可能だ。

 これらのリスク要因を改善するうえで、家族は重要な役割を担っている。教育や医療資源、環境を整備し、健康的な生活スタイルを選ぶために、家族についてもう一度見直すことが必要だ。
●家族で取り組めば、糖尿病治療はもっと良くなる

 2型糖尿病の有病者の2人に1人は未診断だ。糖尿病合併症を予防するために、糖尿病を早期診断を治療を開始することが重要だ。とくに1型糖尿病では、早期に診断し治療をしないと、重篤な障害あるいは死亡に至ることがある。患者とその家族を救うために、糖尿病の兆候と症状について知っておく必要がある。

 1型糖尿病を含めたすべてのタイプの糖尿病について、兆候や症状、危険因子に最初に気付くのは患者の家族であることが多い。家族は糖尿病の影響を潜在的に受けやすいことに注意を向けよう。

 2型糖尿病の多くは、健康的な生活スタイルにより予防が可能だ。家族の糖尿病リスクを低下させるための対策は家庭で始められる。

 家族が健康的な食事や運動の習慣を共有すれば、2型糖尿病を予防・改善するのはより容易になる。一方で、糖尿病などで早期死亡するケースの70%は、小児期から青年期に形成された家庭環境を影響しているという報告もある。
●糖尿病の医療費が家計を圧迫している

 糖尿病の医療費は、患者だけでなく、家族にとっても大きな負担になる。インスリンなどの医薬品や治療費が、家族の可処分所得の平均の半分に及んでしまい、家計を圧迫している国は多い。

 定期的な治療と検査に安定してアクセスできるようするには、医療費を抑えることが欠かせない。医療機関へのアクセスを保障し、糖尿病の治療薬の価格を抑え、糖尿病患者とその家族の経済的な負担を減らすために、世界的な対策が必要とされている。

●糖尿病の教育プログラムに家族で参加

 糖尿病の治療において、家族を支援することが、患者の健康を改善する大きな効果をもたらすことが、多くの研究で示されている。また、ストレスなどの精神的な負担は治療の妨げになり、生活の質を下げることが知られている。

 しかし現状では、糖尿病の教育プログラムに参加できる患者は2人に1人以下、家族は4人に1人以下だ。糖尿病とともに生きる人に加えて、その家族も支援し、糖尿病の自己管理を助けることが重要だ。

 医療従事者にも、糖尿病患者とその家族を支援し、糖尿病のコントロールを助けるための知識とスキルが求められている。
世界の糖尿病の統計データ
・ 世界の糖尿病人口は4億2,500万人。成人の11人に1人が糖尿病。

・ 糖尿病人口は2030年までに5億2,200万人に増加すると予測されている。

・ 有病者の2人に1人(2億1,200万)が糖尿病と診断されていない。
  治療の開始が遅れると、糖尿病合併症のリスクが高まる。

・ 13万2,600人が毎年1型糖尿病と診断され、世界の小児・若年(0~19歳)の1型糖尿病患者数は110万6,500人に上る。

・ 世界の2,090万人の女性で、妊娠中に高血糖や耐糖能異常が発見される。
  これは出生数の6分の1に相当する。

・ 糖尿病とともに生きる人の3分の2(3億2,700万)が生産年齢。
  働き盛りの世代の糖尿病が増えている。

・ 糖尿病が原因で2017年には400万人が死亡した。

・ 世界の糖尿病は医療費は2017年は82兆円(7,270億ドル)だった。
  これは米国と中国の防衛費を合わせた数より多い。

世界糖尿病デー(世界糖尿病デー実行委員会)
世界糖尿病デー(World Diabetes Day)
国際糖尿病連合(IDF)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月15日
糖尿病腎症を予防 自覚症状のない糖尿病 重症化を防ぐ取組みを紹介 厚労省が報告書
2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月09日
β細胞を増殖させる治療薬を開発 糖尿病の新たな治療法に期待
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月27日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月14日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病とともに生きる人と家族を支援
2018年11月14日
なぜ「朝食を抜くと体重が増える」? 体内時計で解明 名古屋大

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

 ▶ 一無・二少・三多

2019年01月11日
【先着順申込み受付中!】 2/6 市民公開講演会 全国生活習慣病予防月間2019
2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月18日
[ 2/6 市民公開講演会参加者募集中!]全国生活習慣病予防月間2019
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
全国生活習慣病予防月間2019少酒
糖とカロリーのお役立ちTips
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典