一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂

キーワード: 糖尿病 CKD(慢性腎臓病) 肥満症/メタボリックシンドローム 動脈硬化

 米国でコントロール管理についてのガイドラインが改訂された。糖尿病患者のコレステロール管理をより重要視している。
 糖尿病を血糖・血圧・脂質の全体でコントロールしようという動向は、日本を含む世界的なものだ。
動脈硬化になると心臓への負担が増す
 脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質の量が異常になった状態のことで、動脈硬化と密接なつながりがある。

 動脈硬化を起こした血管では、血管壁の内側にプラークと呼ばれるふくらみができる。ここにはコレステロールがたまっていて、プラークが大きくなると、血液の通り道が狭くなってしまう。

 プラークが破れると、そこに血液のかたまりができ、血管が詰まってしまう場合がある。これが冠動脈で起きれば心筋梗塞になり、脳の動脈なら脳梗塞になる。

 血管内にコレステロールが蓄積した状態は、いわば詰まった水まき用のホースのようなものだ。ホースの内壁にべとべとした汚れが蓄積すると、それまでと同じ量の水を流すために、より圧力をかける必要がある。これは心臓がもっと働かなくてはならないことを意味する。
糖尿病の人はコレステロールの管理も重要
 脂質異常症かどうかは、血液検査の結果で診断される。チェック項目は、悪玉のLDLコレステロール、善玉のHDLコレステロール、中性脂肪のそれぞれの値だ。

 糖尿病は心血管疾患のリスクを高めるが、脂質異常症を合併するとリスクはさらに高まる。脂質異常症を治療することで、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクを減らすことができることが多くの研究で確かめられている。

 糖尿病のある人の脂質のコントロール目標は、悪玉のLDLコレステロールの値は120mg/dL未満、善玉のHDLコレステロールの値は40mg/dL以上、中性脂肪値は空腹時採血で150mg/dL未満となっている。

関連情報
食事や運動で脂質をコントロール それでも不十分なら薬物療法
 脂質異常症の治療の基本は生活スタイルの改善だ。食事療法・運動療法によって、糖代謝と脂質代謝を改善できる。食事と運動には、血糖・血圧を下げる効果もあるので、必ず行うべきことだ。

 逆に、動物性脂肪の摂り過ぎや、運動不足、肥満などが重なると、さらにLDLコレステロール値が上がってしまう。また、喫煙も動脈硬化を進行させる。

 食事や運動で脂質のコントロール目標を達成できない場合は薬物療法が行われる。もっともよく使われているのは、コレステロールの合成を抑えるスタチン系薬だ。スタチンには、肝臓でのコレステロールの合成や血管壁にたまったコレステロールを減らす作用がある。

 糖尿病で心筋梗塞や狭心症のリスクが高いと、早めに薬物療法が行われることがある。そうした場合、LDLコレステロールの管理目標はより厳しくなる。
コレステロール値を下げる治療も「個別治療」に
 米国で、コレステロール管理の新しいガイドラインが発表された。改訂のポイントは、▼コレステロール値の管理が難しい高リスク患者に対しては、スタチン系薬に加えてエゼチミブなどのコレステロール低下薬の併用も考慮すること、▼CTによる動脈硬化の評価など精緻な心疾患リスク評価を行うことなど。

 また、家族歴、慢性腎臓病、メタボリックシンドロームなどを、動脈硬化のリスクを増強する因子として定め、食事や運動、血圧、コレステロールなどが互いに関連し合うことを指摘。糖尿病の管理に「全体的アプローチ」が必要としている。

 糖尿病を、血糖・血圧・脂質の全体でコントロールして治療しようという動向は世界的なものだ。「糖尿病とともに生きる人は、血糖値のみに目が向きがちですが、血糖だけでなくコレステロールの管理も重要であることに注意を向けて欲しい。血圧コントロールや、肥満・メタボを改善することも重要です」と、米国心臓学会(AHA)は述べている。

 医師には、コレステロール値の上昇がもたらすリスク因子について患者とよく話し合い、その患者のリスクに応じた「個別治療」を行うことを求めている。喫煙習慣、高血圧、HbA1cなどに加え、家族歴、メタボリックシンドローム、慢性腎臓病、慢性的な炎症性疾患、早期閉経、妊娠高血圧症候群などについても確認し、患者1人ひとりに合わせた個別治療につなげることを推奨している。

Have diabetes? Make sure to manage cholesterol, too(米国心臓学会 2018年11月19日)
2018 AHA/ACC/AACVPR/AAPA/ABC/ACPM/ADA/AGS/APhA/ASPC/NLA/PCNA Guideline on the Management of Blood Cholesterol: Executive Summary(米国心臓学会 2018年11月10日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年08月02日
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 心と身体にポジティブな変化が
2019年07月30日
運動をすると脳のインスリン抵抗性が改善 糖尿病や肥満の人で効果
2019年07月29日
植物ベースの食事が糖尿病リスクを減少 高カロリー飲料はがんリスクも上昇
2019年07月26日
糖尿病の人は熱中症リスクが高い? 熱中症を予防するための10ヵ条
2019年07月25日
2型糖尿病患者の半数がCKD未診断 腎臓病が進行してからでは手遅れ

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年08月02日
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 心と身体にポジティブな変化が
2019年07月30日
運動をすると脳のインスリン抵抗性が改善 糖尿病や肥満の人で効果
2019年07月23日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月16日
日本の「緑茶」に糖尿病や肥満の予防・改善効果 世界中から注目
2019年07月11日
肥満が「聴力低下」のリスクを上昇させる 5万人の職域コホート研究「J-ECOH」で明らかに

疾患 ▶ CKD(慢性腎臓病)

2019年07月25日
2型糖尿病患者の半数がCKD未診断 腎臓病が進行してからでは手遅れ
2019年06月28日
【PR】
尿酸値が気になる人へ!
尿酸値の上昇を抑える「PA-3乳酸菌」活用のススメ
2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年05月31日
広がるパーソナル ヘルス レコード(PHR)への取り組み 郡山市で研究事業を開始
2019年05月20日
「糖尿病性腎症」の重症化予防を強化 自治体向けに手引きを作成 厚生労働省

疾患 ▶ 動脈硬化

2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年06月24日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす
2019年06月21日
高尿酸血症のリスクは痛風だけではなかった! 中高年だけでなく、若い世代から気をつけたい尿酸値
2019年06月11日
7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少 4つ以上実行で80%低下
2019年06月10日
血糖値スパイクは「隠れ糖尿病」 朝食を工夫して食後に血糖値を上げない
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典