一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす 「多休」休養をしっかりとる 「多接」多様なつながり 認知症

 国立長寿医療研究センターは、血液中の「マイクロRNA」を網羅的に検査するモデルを開発し、このモデルにより認知症の発症を高い精度で予測できることを実証した
「マイクロRNA」の検査は進歩している
 世界の認知症患者数は2030年には7,500万人、2050年までには1億3,500万人に増加すると予想されている。認知症の患者・介護者の負担と社会的コストを軽減するために、早期に正確に診断し、病態に適した進展予防などのリスクマネジメントを行うことが重要とされている。

 国立長寿医療研究センターは、血液中の「マイクロRNA」を網羅的に検査するモデルを開発したと発表した。軽度認知機能障害(MCI)患者を対象とした実験では、発症を100%の精度で予測できることを明らかにした。

 「マイクロRNA」とは、人間の血液や尿に含まれる生体分子で、2,000種以上があることが知られている。近年の研究で、遺伝子発現の調整などさまざまな機能を有しており、がんや認知症などの疾患の発症や進展と関係していることが明らかになってきた。

 マイクロRNAは、直径100ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)前後の小胞体「エクソソーム」に守られており、血液中でも分解されにくい。既存の方法では一度に収集できるマイクロRNAは200〜300種類程度だが、より多数のマイクロRNAを収集する技術の開発も進められている。

関連情報
簡易的な血液検査で認知症をスクリーニング
 アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体型認知症は、3大認知症とされている。

 現在行われている検査は、脳脊髄液中のタンパク質(アミロイドβ、総タウ、リン酸化タウ)を測定するもので、アルツハイマー病の診断に有効だが、他の認知症を知ることはできない。また、被験者への侵襲性が高いこともあり、早期診断のための実施はあまり行われていない。

 一方、アミロイドβやタウ蓄積を検出するPET検査、脳の特定部位の萎縮を検出するMRI検査は高額であり、実施施設も限定される。こうした現状から被験者の肉体的・経済的負担の大きい精密検査前に、簡便な方法で認知症をスクリーニングする方法が求められている。

 そこで研究グループは、3大認知症を一度の検査で判別できる簡易的な血液検査法の開発を目的に、血液中のマイクロRNA発現プロファイルに着目した認知症判別モデルおよび認知症発症リスク予測モデルの構築に着手した。
3大認知症をマイクロRNAで解析
 研究グループは、3大認知症を含む認知症群と認知機能正常高齢者群1,569例の血清を、高感度DNAチップ「3D-Gene」を用いて網羅的マイクロRNA発現解析した。

 得られたデータをもとに、高次元データを低次元に次元圧縮する機械学習の手法により、予測モデルの構築を行った。

 この予測モデルは独立した2つのデータセットで検証され、アルツハイマー病を感度93%・特異度66%、血管性認知症を感度73%・特異度87%、レビー小体型認知症を感度76%・特異度86%で判別できた。
100%の的中率で判別に成功
 認知症では、正常老化と認知症の境界領域である軽度認知機能障害(MCI)の段階から認知症に進行する患者を早期に発見することが重要とされている。

 そこで今回、縦断的に観察されていたMCI患者(初診時)32例について、初診時採取の血清を用いて認知症への進行予測を試みた。

 その結果、認知症に進行した10症例を感度100%で、進行しないと予測した4症例を陰性的中率100%で判別することができた。今回構築された予測モデルで使用されたマイクロRNAのターゲット遺伝子を調べたところ、脳機能との関連が示唆されるものが多く含まれていたという。

 血液検査による認知症発症リスク予測の可能性を示したこの手法を用いれば、被験者の負担が少なく、施設間差のない定量的な検査が可能となる。

 これにより、(1)検査手法の異なる3大認知症の検査を一度の採血で判定でき、2次検査コストを抑制できる、(2)疾患に適した治療法を早期の段階で選択できる、(3)MCIの段階で将来の認知症進行予測が可能となり早期介入ができる――といつたメリットを得られるという。

 研究グループは今後、認知症体外診断薬化に向け、多施設による検証と性能検査に取り組む予定だ。

 この研究は、国立長寿医療研究センターのメディカルゲノムセンター(新飯田俊平センター長)を中心とした研究グループによるもの。その成果は科学誌「Communications Biology」に発表された。

国立長寿医療研究センター メディカルゲノムセンター
Risk prediction models for dementia constructed by supervised principal component analysis using miRNA expression data(Communications Biology 2019年2月25日)
次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2019年07月30日
運動をすると脳のインスリン抵抗性が改善 糖尿病や肥満の人で効果
2019年07月11日
【認知症施策推進大綱】どんな具体策が盛り込まれたか? 認知症バリアフリー推進で「共生と予防」
2019年06月10日
血糖値スパイクは「隠れ糖尿病」 朝食を工夫して食後に血糖値を上げない
2019年05月30日
糖尿病を治療して認知症を防ぐ WHOが初の「認知症予防ガイドライン」を発表
2019年05月08日
糖尿病の運動療法は認知症の予防にも効果的 軽い運動で脳の老化を減らせる

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年07月30日
高血圧学会が自治体対象にモデルタウン募集 「高血圧ゼロのまち」を目指す
2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年07月11日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査
2019年07月11日
肥満が「聴力低下」のリスクを上昇させる 5万人の職域コホート研究「J-ECOH」で明らかに
2019年06月24日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2019年07月11日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年06月24日
脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす
2019年06月13日
日本小児科学会などが「幼児肥満ガイド」を作成 小児期の肥満は成人後にリスクに
2019年06月10日
運動が高齢者の「ADL(日常生活動作)」を高める 1日1万歩を達成できなくても効果がある
2019年05月31日
「インターバル運動」が2型糖尿病患者の心臓を守る 3ヵ月の運動で効果

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2019年04月09日
「骨粗鬆症」による骨折患者の介護 4人に1人が離職・転職 76%が復帰には悲観的
2019年04月02日
松本市が掲げる「健康寿命延伸都市・松本」 新たな官民連携のあり方を提案
2019年03月27日
うつ病の発症原因は「仕事の不満足」 回復では「職場ストレス」が重要 職場でのヘルスマネジメント戦略
2019年03月15日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月07日
認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研

一無・二少・三多 ▶ 「多接」多様なつながり

2019年07月11日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査
2019年07月11日
肥満が「聴力低下」のリスクを上昇させる 5万人の職域コホート研究「J-ECOH」で明らかに
2019年06月24日
夜間に照明やテレビをつけたまま寝る女性は肥満になりやすい
2019年03月15日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月07日
認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典