一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

糖尿病の人が「高血圧」の治療を積極的に行うと合併症リスクが減少

キーワード: 高血圧 糖尿病 動脈硬化 心筋梗塞/狭心症

 2型糖尿病の人が高血圧の治療を受けることで、心血管疾患を含むあらゆる合併症による死亡リスクが減少するという研究が発表された。
 血圧値を130/80mmHg以下にコントロールすることを目標に、食事や運動などの生活習慣の改善を含め、積極的な治療を行うことが推奨されている。
糖尿病と高血圧は血管を痛める
 糖尿病も高血圧も、どちらも症状のないまま進行し、さまざまな合併症を引き起こす。日本人でも、死因の上位を占める脳卒中や心筋梗塞などの要因は、糖尿病や高血圧が互いに影響しあって血管を痛め、動脈硬化が進行することだ。また、高血圧により糖尿病腎症が急速に進んでしまう。

 脳梗塞や心筋梗塞は突然起こり、命を奪うこともある恐い病気だ。たとえ命は助かっても、しばしば麻痺などのために、不自由な生活を強いられてしまう。

 脳梗塞も心筋梗塞も、動脈硬化のために血液が流れにくくなって起こる病気であり、糖尿病はその動脈硬化の進行を早めてしまう。糖尿病に高血圧が加わると、血管の伸張能力が低下し、血管壁の細胞が傷つき、動脈硬化がさらに進みやすくなる。

 また、糖尿病腎症が進行し腎不全になってしまうと、機能を補うために透析治療が必要になる場合がある。

関連情報
10人中8人が血圧コントロールが不十分
 米国立衛生研究所(NIH)によると、血圧は「血液が流れる際に血管の内側にかかる圧力」のこと。「血管に対するこの圧力が大き過ぎる」と高血圧が起こる。

 高血圧を判定するために、血圧測定が必要となる。血圧の測定は別の日にも行い、数回の測定結果をもとに、医師が高血圧であるかどうかを判定する。

 日本高血圧学会のガイドラインによると、診察室で測った血圧が、収縮期血圧/拡張期血圧のどちらか一方、あるいは両方が140/90mmHg以上であれば、高血圧と診断される。

 日本では、高血圧有病者の数は4,300万人に上ると推計されているが、うち3,400万人は治療を受けていなかったりコントロールが不十分だ。米国でも高血圧有病者は7,500万人に上り、うち血圧をコントロールしているのは半分に過ぎない。
糖尿病のある人の血圧コントールの目標は130/80mmHg
 米国心臓学会(AHA)が発行する医学誌「Hypertension」に発表された新しい研究で、血圧値を130/80mmHg以下にコントロールするために積極的な治療を受けた2型糖尿病患者は、心臓発作、脳卒中、全死亡のリスクが低下することが明らかになった。

 「血圧コントロールの目標を130/80mmHgとし、積極的な治療を行うことで、さまざまな合併症のリスクが大きく低下することが分かりました。血圧コントロールの指標については多くの議論がありますが、今回の研究はその混乱の解決に役立ちます」と、アイルランド国立大学の予防循環器学部のビル マックヴォイ教授は言う。

 マックヴォイ教授らは、2型糖尿病患者約1万1,000人を対象に、20ヵ国の215ヵ所の医療機関で4年間にわたり追跡調査を行った。血圧コントロールの集中的な治療を受けた患者とそうでない患者を比較し、合併症の発症にどれだけ差が出るかを調べた。

 研究は、2型糖尿病患者1万人以上を対象に、血糖コントロールを強化することで心血管疾患をどれだけ減らせるかを調べている大規模臨床研究「ADVANCE」の一部として行われた。
高血圧の治療を行うと合併症リスクは減少
 期間中に、心臓発作、脳卒中、糖尿病尋常、糖尿病網膜症を含む、837件の死亡と966件を超える主要な血管イベントが確認された。解析した結果、血圧コントロールの積極的な治療ほ受けた患者は、そうでない患者に比べ、死亡リスクが14%減少し、血管イベントが9%減少することが明らかになった。

 これまでの研究では、血圧値が140/90mmHg以上であると、血圧コントロールが有益できることが明らかされているが、それ未満の患者ではどうかは不明だった。

 「2回の血圧測定を行い、血圧値が連続して130/80mmHgを超えている場合は、より低い値にするために、どんな治療が必要となるかを医師と話し合うべきです」と、マックヴォイ教授はアドバイスしている。
糖尿病患者の3人に1人が高血圧も併発
 糖尿病をもつ人の多くは高血圧を併発している。米国の調査によると、糖尿病患者の3人に1人が高血圧も発症している。

 糖尿病と高血圧は、一方が他方の状態を悪化させるため、致命的な組み合わせになるおそれがある。

 なぜ、糖尿病と高血圧とは合併しやすいのだろうか? それは糖尿病で多くみられる次のような背景が影響するためだ。

● インスリン感受性の低下
 インスリンの作用を受ける細胞の感受性が低下している(インスリン抵抗性がある)ため、血糖を下げようとより多くのインスリンが分泌される。その結果、インスリンが交感神経を刺激して、血圧が上昇する。

● 肥満
 肥満になると、インスリンの働きを抑えるホルモンが増えて、インスリン抵抗性が強まり、血圧も上昇しやすくなる。

● 腎機能の低下
 糖尿病で腎機能が低下していると、腎臓からナトリウムをうまく排泄できないため、体内の水分量が増えて血圧が上昇する。

 高血圧と診断されると、血圧がかなり高い人や心血管病の危険性が高い人、糖尿病や腎臓病がある人は、すぐに薬による治療を開始する場合もあるが、いずれにしても食事や運動などの生活習慣の改善は欠かせない。

 減塩、運動、肥満の改善などは、治療法の基本となり、糖尿病の治療と高血圧の治療は一致する点が多い。

More intensive blood pressure therapy helps patients with type 2 diabetes regardless of cardiovascular risk(米国心臓学会 2019年4月29日)
Effects of Blood Pressure Lowering on Clinical Outcomes According to Baseline Blood Pressure and Cardiovascular Risk in Patients With Type 2 Diabetes Mellitus: The ADVANCE Trial(Hypertension 2019年6月1日)
Know Diabetes by Heart(米国心臓学会)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 高血圧

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

疾患 ▶ 動脈硬化

2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策
2020年09月11日
「緑茶」に肥満・心臓病・脳卒中・認知症の予防効果 お茶を飲むシンプルな生活スタイル
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート