一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇

キーワード: 高血圧 糖尿病 脳梗塞/脳出血 食生活

 滋賀医科大学は、食事と脳卒中や心臓病といった循環器疾患による死亡リスクとの関連を分析したチャートをはじめて作成したと発表した。
 野菜や果物、魚介類の摂取量が推奨量より少なく、食塩が多い場合、死亡リスクは約3倍に高まるという。
食事の組み合わせで循環器疾患リスクを判定
 滋賀医科大学の研究グループが開発した、食事因子による循環器疾患死亡リスク評価チャートは、厚生労働省研究班の「NIPPON DATA」研究の成果をもとにしたもの。詳細は、日本循環器学会の学会誌「Circulation Journal」電子版に公開された。

 これまでの報告は、単一の食品群・栄養素を用いた検討がほとんどだが、日本人は通常、単一の食品群を摂取することはなく、複数の食品群を組み合わせて摂取している。また、「健康日本21」や「日本人の食事摂取基準」などでは、1日摂取量として野菜350g、果物200g、魚80g、食塩は男性8g未満、女性7g未満をそれぞれ推奨しているが、達成できている日本人は多くない。

 多くの疫学研究により、野菜、果物、魚および食塩摂取量と循環器疾患リスクとの関連が明らかになっているが、食事因子の組み合わせによる循環器疾患リスクとの関連からリスク評価チャートの図示を行った報告は今回がはじめてだ。

 「NIPPON DATA(ニッポンデータ)80」は、国民健康・栄養調査の参加者を対象とした長期追跡研究NIPPON DATA研究は現在、厚生労働行政推進調査事業費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)の指定研究として実施されている(研究代表者:三浦克之・滋賀医科大学教授)。
日本人9,115人を29年間追跡して調査
 研究グループは、1980年の国民・栄養調査に全国から参加した30~79歳の男女9,115人(男性4,002人、女性5,113人、平均年齢50.0歳)を29年間追跡したデータを用いて分析。野菜、果物、魚、食塩の1日摂取量を評価し、それぞれの推奨量に対する過不足により、複数のカテゴリーに分類し、追跡期間中の循環器疾患(脳卒中および心臓病)による死亡リスクとの関連を分析した。

 栄養調査の結果から、野菜、果物、魚、食塩の1日摂取量を評価し、それぞれ350g、200g、80g、8g(女性は7g)を基準としたカットオフ値を作成し、複数のカテゴリーに分類した。そして、食事因子カテゴリーによる循環器疾患死亡リスクについて分析を行った。さらに、食事因子の組み合わせによる循環器疾患死亡リスクを試算し、循環器疾患死亡リスク評価チャートとして図示した。

 その結果、29年間で1,070人が循環器疾患により死亡した。野菜、果物および魚摂取量が少ないほどまた、食塩摂取量が多いほど、循環器疾患死亡リスクは高いことが明らかになった。
食事因子による循環器疾患死亡リスク評価チャートを作成
 食事因子の組み合わせによる循環器疾患死亡リスク(ハザード比)を作成したところ、野菜175g未満、果物100g未満、魚40g未満と摂取量がもっとも少なく、食塩摂取量が基準以上の場合、参照カテゴリー(野菜350g以上、果物200g以上、魚80g以上と摂取量がもっとも多く、食塩摂取量が基準未満の場合)と比較して、循環器疾患死亡リスクは2.87倍に上昇した。

 なお、国民・栄養調査は秤量法(参加者が食品の重量を秤で量って記録する)という精度の高い方法で食事調査が行われたという。

 研究グループはリスク評価チャートについて、「野菜、果物、魚、食塩の望ましい量を摂取するために、個人が食事を見直し、食習慣の改善の動機付けにすることができる。栄養指導や保健指導の現場では、専門家が食事の改善を指導する際のツールとして活用できる」と述べている。

滋賀医科大学 アジア疫学研究センター
NIPPON DATA(ニッポンデータ) 80/90
Cardiovascular risk assessment chart by dietary factors in Japan: NIPPON DATA80(Circulation Journal 2019年4月19日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

疾患 ▶ 高血圧

2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月05日
糖尿病の最新全国ランキング ベストは神奈川県 ワーストは青森県

生活習慣 ▶ 食生活

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月11日
[新連載] おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月09日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典