一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

脂肪肝は内臓脂肪よりも深刻? 脂肪肝が筋肉のインスリン抵抗性を引き起こす

キーワード: 脂質異常症(高脂血症) 一無・二少・三多 糖尿病 動脈硬化 心筋梗塞/狭心症 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす

 日本人では、内臓脂肪がそれほど多くなくとも、脂肪肝があると、血糖を下げるインスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性が起こりやすいことが、順天堂大学の研究で明らかになった。
 肥満でなくとも、内臓脂肪や肝脂肪の蓄積があると、2型糖尿病などの代謝異常になりやすい。内臓脂肪だけでなく脂肪肝を改善する取り組みが必要であることが示された。
日本人はBMI25未満でも代謝異常が起こりやすい
 内臓脂肪が蓄積しておらず肥満でなくとも、脂肪肝があると筋肉のインスリン抵抗性が起こり、2型糖尿病などの代謝異常になりやすいことが、順天堂大学大学の研究で明らかになった。脂肪肝がある人には筋肉のインスリン抵抗性を改善するウォーキングなどの運動が勧められるという。

 研究は、順天堂大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学・スポートロジーセンターの田村好史准教授、河盛隆造特任教授、綿田裕孝教授らの研究グループによるもの。研究成果は米国内分泌学会雑誌「Journal of the Endocrine Society」のオンライン版で公開された。

 肥満の人は2型糖尿病やメタボリックシンドロームといった生活習慣病(代謝異常)になりやすいが、日本人を含むアジア人では、体格指数(BMI)が25未満で肥満ではない人でも代謝異常が起こりやすいことが知られている。

 その理由として、アジア人では欧米人に比べ、皮下脂肪に脂肪を十分に貯蔵できず、そのため「脂肪細胞」が容易に容量オーバーとなり遊離脂肪酸として溢れだすこと(リピッドスピルオーバー)が考えられる。

関連情報
脂肪肝や脂肪筋がインスリン抵抗性を引き起こす
 脂肪は主に中性脂肪として皮下脂肪や内臓脂肪といった脂肪組織に蓄えられるが、主に空腹時などでは脂肪をエネルギーとして利用するために、脂肪組織に蓄えられた中性脂肪が分解され、遊離脂肪酸となって放出される。この放出や貯蔵をコントロールしているホルモンがインスリンだ。

 脂肪の多くは皮下脂肪や内臓脂肪といった脂肪組織に蓄えられるが、それ以外の肝臓や骨格筋などの別の場所(異所)にも蓄積される。そうした脂肪を「異所性脂肪」と呼ぶ。脂肪肝や脂肪筋は臓器に異所性脂肪が蓄積した状態で、これがあると溜まった脂肪が毒性を発揮して、血糖値を低下させるインスリンが効きにくくなる。つまり、インスリン抵抗性が生じやすくなる。

 このようなメカニズムを背景に、内臓脂肪の蓄積や脂肪肝がインスリン抵抗性の指標となることがこれまで報告されている。しかし、内臓脂肪が溜まっている人では脂肪肝になっていることが多いため、内臓脂肪の蓄積と肝脂肪の蓄積のどちらがより有用なインスリン抵抗性の指標となるかは分かっていなかった。
日本人の内臓脂肪と肝脂肪の蓄積にはさまざまなパターンが
 そこで研究グループは、非肥満の日本人男性において、内臓脂肪蓄積と肝脂肪の蓄積パターンとインスリン抵抗性の関連を調べた。BMIが正常範囲内(21〜25)の日本人男性(87人)を対象に、全身の代謝状態や脂肪分布に関する調査を行った。

 具体的には、内臓脂肪量と脂肪肝をMRI装置を用いて計測し、脂肪および肝臓、骨格筋のインスリン抵抗性を、「2-ステップ高インスリン正常血糖クランプ法」で測定した。

 このクランプ法は、ブドウ糖とインスリンを点滴で持続的に投与することで、肝臓と骨格筋でのインスリンの効き具合をそれぞれ別個に計測する検査法。1人の計測におよそ10時間程度を要する大変な検査のため、今回のような規模で行ったのは世界でもはじめてだという。

 その結果、対象者の内臓脂肪量と肝脂肪量の関連で、全体的に正相関するものの、さまざまなパターンがあることが分かった。
内臓脂肪がなくても脂肪肝があるとインスリン抵抗性が
 次に研究グループは、内臓脂肪面積100cm2以上、肝内脂質量5%以上をそれぞれ内臓脂肪蓄積、脂肪肝と定義し、対象者を両者とも基準値以下のコントロール群(54人)、内臓脂肪蓄積単独群(18人)、脂肪肝単独群(7人)、内臓脂肪蓄積+脂肪肝群(8人)の4群に分けて、インスリン感受性や臨床背景因子を比較した。

 すると、内臓脂肪蓄積がなくても、脂肪肝があると、脂肪組織と骨格筋のインスリン感受性の低下(インスリン抵抗性)が認められ、これとは逆に内臓脂肪蓄積があっても脂肪肝がなければ、インスリン感受性は良好であり、内臓脂肪蓄積と脂肪肝が両方あっても、脂肪肝単独とインスリン抵抗性は同程度であることが判明した。脂肪組織インスリン感受性についても同様の結果だった。

 つまり、非肥満の日本人男性では内臓脂肪蓄積よりも脂肪肝の方がより強くインスリン抵抗性と関連することが明らかになった。内臓脂肪がそれほど多くなくとも、脂肪肝がある人は、インスリン抵抗性やさらなる代謝障害に注意する必要があることが明らかになった。
脂肪肝を改善するために運動と食事が必要
 日本では特定健診(メタボ健診)などで内臓脂肪蓄積に着目した介入が進められているが、今回の研究では、脂肪肝がある人は骨格筋や脂肪組織のインスリン抵抗性をもっている可能性が高いことが示された。

 脂肪肝を改善するためには、ふだん歩く量(生活活動量)を増やしたり、体力が向上するような活動(ジョギングなど)にも取り組むことが有用と考えられる。同時に、脂肪肝がある人はすでにリピッドスピルオーバーを起こしている可能性が高いので、減量して体脂肪を減らすことも効果的だという。

 さらに、最近の研究では、骨格筋に生じたインスリン抵抗性により骨格筋に取り込めなかった糖が肝臓に運ばれ、中性脂肪合成が進んで脂肪肝を形成することが明らかになっている。糖質摂取量を意識したバランスの良い食事を心がけることも必要だという。

順天堂大学大学院医学研究科代謝内分泌内科学
順天堂大学大学院医学研究科スポートロジーセンター
Fatty liver has stronger association with insulin resistance than visceral fat accumulation in non-obese Japanese men(Journal of the Endocrine Society 2019年5月20日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

疾患 ▶ 動脈硬化

2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策
2020年09月11日
「緑茶」に肥満・心臓病・脳卒中・認知症の予防効果 お茶を飲むシンプルな生活スタイル

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大

 ▶ 一無・二少・三多

2021年02月01日
「全国生活習慣病予防月間2021」がスタートしました!
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート